斉藤由貴、助演女優賞 不倫騒動のダメージ残る中「どれだけ励まされたか」

368名も無きアイドル2018/10/13(土) 02:08:09.99ID:OwRtSwbt0
ここのきてリーガルVに、なぜ出演したかですが、テレビ朝日プロデューサの了解はあったとはいえ
自分は脚本が中園ミホさんだからだと思っています。
中園さんは「西郷どん」で原作の林真理子さんとともに彼女を強く推してくれたと聞きます。
中園さんが彼女を想定して脚本を書いてくれたなら、一時間枠の形式的な悪役ではなく、時間枠を拡大して
より深い役を作ってくれるのではないかと、密かに期待しています。
確かに彼女をかってくれているのはプロデューサーというより、むしろ脚本を書く人。
そういえば是枝さんも、三谷さんも、宮藤さんも母惑星の演出家もみな脚本を書く。
脚本家は自分の書いた脚本を、より理解し、表現する人を求めている。
彼女の復活はこういうところから始まればと思っています。

横浜のライブが少し心配です。
今回は名古屋、九州、大阪、横浜と全国ツアーのような形になってしまったことは嬉しいのですが、横浜は2日間4ステージ。
いくら由貴さんのファンが残っているといっても、今回の大騒動で汚名が付き、数は半減はしただろうとの推測もあります。
先日書いたように名古屋ブルーノートは10月11月のアーティストの中でただ一人完売していましたが、
横浜の4ステージは多すぎるのではないか、売れ残るのではないかと心配です。
両日とも平日で仕事を休むか早退しなければならない方もおられるでしょうし
自分は気にしませんが、食事代ドリンク代を含めれば15000円ぐらいになり、気になる方もいるでしょう。
広報も不十分ですし、今は彼女の名前で検索しないと開催するのさえ知らない人も多いと思います。
うまく売り切れれば良いのですが。

新着レスの表示
レスを投稿する