【国際】国連で「大麻規制」見直しへ、米FDAもパブリックコメント募集★2

レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。
1ばーど ★2018/04/14(土) 15:54:04.31ID:CAP_USER9
4/11(水) 8:00配信 Forbes JAPAN
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180411-00020553-forbes-bus_all
米国の連邦レベルで大麻は「スケジュール1」の規制薬物に指定され、処方や効果の研究は厳しい管理下に置かれている。
米国は大麻を規制する国際条約にも加盟している。

しかし、国連の世界保健機関(WHO)は大麻やTHC(大麻の有効成分)の規制の見直しに向けて加盟国らが話し合いに参加することを呼びかけている。
米国の食品医薬品局(FDA)は国連でのミーティングを前に、人々から意見を募っている。

FDAは「Federal Register」のサイトにおいて、5月15日までパブリックコメントを求めている。
WHOは6月に薬物依存に関する会議の開催を予定している。そこでは大麻の規制の見直しが話し合われ、
国連事務総長にさらなる調査を行うことを要請する。

話し合いの結果次第で、大麻規制の国際条約の見直しが実施される可能性もあり、
それが米国や他の諸国の大麻規制に影響することも考えられる。

昨年、WHOは大麻に含まれる酩酊作用をもたらさない成分の「CBD」に、医療的有効性があることを認め、
さらなる調査を求めていた。CBDは国際条約では規制薬物に指定されていないが、米国ではスケジュール1とみなされている。
WHOはCBDに抗てんかん作用があると認めている。

「CBDの使用が健康被害をもたらすという、いかなる証拠も見つかっていない」とWHOの委員会は述べている。

米国のFDAはパブリックコメントの募集にあたり、「大麻は1961年に発効の国際条約でスケジュール1に指定されて以来、
その効果に関し一度も正式な調査が行われてこなかった」と述べている。

現在の国連事務総長のアントニオ・グテーレスはかつて母国のポルトガルで首相を務めた当時、
あらゆる薬物使用を非犯罪化したことで知られる。グテーレスは3月に「現状の法規制はドラッグによる組織犯罪を防止できていない。
私が今から20年前にポルトガルで実施した薬物の非犯罪化は、好ましい影響をもたらした」と発言していた。

しかし、同時期に国連の薬物規制委員会は加盟国に対し、大麻の合法化をやめるよう呼びかけていた。

Tom Angell

★1が立った時間 2018/04/11(水) 23:55:03.82
前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523458503/

922名無しさん@1周年2018/04/17(火) 12:53:20.84ID:7HbKp2el0
WHOは公開している文書を各国の裁量で規制の根拠にしてもしなくてもいいっていってるだけだろwwwwwww
その文書が間違いだったなんて一言もいってないんだけどw
知恵遅れちゃんたちはなんでそれでドヤ顔してんのかなwwwwwwwwww

923名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:15:47.53ID:spcfzH9s0
日本でもその昔大麻は薬草として扱われてたからな。
1800年代の薬草図鑑には必ず載ってる。
戦後アメリカの製薬会社が大麻を目の敵にして
無事覚せい剤と同様の劇薬扱い。利権の問題だな。

924名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:21:48.16ID:f/IONTZ/0
>>923
なおその覚醒剤には80年代辺りまでは割と寛容だったw

日米の貿易摩擦が出てきた辺りから厳しくなったから
米「労働者に覚醒剤使ってうちの産業潰すとか戦争する気なの?それとももう開戦してるの?」
と脅された可能性w

日本的には覚醒剤を使って黙々働くのが良いw

925名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:24:32.98ID:zsu2SKwf0
>>921
これを使ったら絶対癌は治りますなんてことは抗がん剤でもないだろ
そして大麻使うのも抗がん剤使うのも選んだのはジョブズ本人
君が癌になってなに使うかも君の自由
大麻使えなんて誰も強要してないし、強要される筋合いもないのよ

926名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:27:43.53ID:5IeNATjC0
日本もはよ合法化しろよ

927名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:29:03.82ID:pP6T2Uo30
>>923
その昔、水銀も薬として使われていたのだが?

928名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:29:29.67ID:iULMQDhi0
タバコは個人消費を抑制するから政府が規制を後押ししたわけだけど
麻薬に関してはちょっと意味がわからない

929名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:31:50.94ID:zsu2SKwf0
>>919
会話にならないループは大麻反対派の信用を落とすだけだから、好きなだけ続けりゃいいんでないかい
あんたの大好きなWHOの公式見解でもなければ、大麻規制自体見直しを検討してるのが事実ですよ

930名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:33:01.27ID:f/IONTZ/0
>>927
赤チンも水銀入りだよ

931名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:38:26.37ID:NkZlVoGf0
>>897

ハイハイ、大嘘つきで有名な『無限ループWHOコピペ荒らし君』。
今まで、無視して来たけど病的にしつこいので以下、過去レスから転写。

おまえが、WHOの報告書だと嘘八百を永久無限ループで言い続けているレポートは、
WHOの報告書ではない。

また、それは最新の『アップデート=更新』ではない。
最新の『アップデート=更新』は以下の通り。

WHOは、国連条約での大麻規制は正式な審査を受けておらず、今までの大麻に
関する資料は、不十分であり、決定的でない、と公式発表した。

国連、WHOは、2018年6月4-8日に正式に国連条約での大麻規制レベル引き下げを
審査をすると公式発表している。

大麻を国連条約で国際的に禁止した科学的根拠は無い。

その公式発表が下記の資料であり、最終的な大麻に関する『アップデート』だ。

【国連条約の大麻規制レベルは科学的正当性がない】

WHOは、国連条約での一番厳しい大麻規制レベルに関して、今まで正式な審査がされた事がなく、
資料も不十分であり、決定的でない、と正式に認めました。

これにより、日本政府、反対派が拠り所としているWHOの大麻に関する見解は完全に崩壊した。

【国連は国際条約での大麻規制レベル引き下げを審議中】

WHO:医薬品依存専門家委員会(ECDD) 14-18 November 2016 .
http://www.who.int/medicines/access/controlled-substances/ecdd/en/

5.アップデート

11月14-18日、ECDDでの大麻に関するアップデート

WHOは2014、2015年に大麻に関する最新情報を提供し、11月14-18日の薬物依存専門家会議で
2016年に更新された証拠を再び共有する予定である。

これまでの大麻規制レベルを正式に審査するための資料は不十分であるか、
または決定的ではない。

WHOは、現状のスケジューリング状況(規制レベル)が変わるかどうかを判断するために
利用可能なすべての科学的証拠を引き続きレビューする。

*****

WHOは、大麻に関する『WHO:医薬品依存専門家委員会』を、
2018年5月に開催し、国連条約での大麻規制レベルを審議する。

WHO:医薬品依存専門家委員会
http://www.who.int/medicines/access/controlled-substances/ecdd/en/

・大麻および大麻関連物質の事前審査

第40回WHO医薬品依存専門委員会(ECDD)は、ジュネーブのWHO本部で、
2018年5月に開催される予定です。

第40回ECDDは『大麻と大麻関連物質』の事前審査を行うことに専念する。

932名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:43:35.29ID:LT4cdD9N0
国連でOKが出ても
日本ではそれから10年はかかる

933名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:44:55.77ID:7HbKp2el0
>>931
あ、知恵遅れちゃんだwwwwwwwwww
知恵遅れちゃんの嘘がまたバレてるけどw
何か言うことはないwwwwwwwwww
>>801
>>840
嘘つき知恵遅れちゃんwwwwwwwwww

934名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:46:43.87ID:NkZlVoGf0
>>931 追加情報

『WHO:大麻審査委員会』の正式日程が発表された。

国連、WHOは、国連条約での世界的な禁止政策は科学的根拠がなかった、
今までの資料は不十分であるか、または決定的ではないと公式に認め、
2018年6月4-8日に専門家会議を開催し大麻規制レベル引き下げを審査をする。

(以下が、WHOの今日現在の最新公式発表です)

WHO:薬物依存専門家委員会(ECDD)
http://www.who.int/medicines/access/controlled-substances/ecdd/en/

・第40回ECDD専門家委員会議: 大麻および大麻関連物質に関する事前審査

ジュネーブWHO本部で、2018年6月4-8日まで、第40回薬物依存専門家委員会議 (ECDD) を開催する。
第40回薬物依存専門家委員会議は、大麻と大麻関連物質の事前審査を実施する特別に招集されたセッションとなる。

審査対象は以下の通り。

・大麻植物と大麻樹脂
・大麻エキスおよび大麻チンキ
・デルタ-9-テトラヒドロカンナビノール (THC)
・THCの立体異性体 (合成THC)

・ さらに、39回ECDDで事前審査した、大麻から抽出したカンナビジオール (CBD) を
 含有する製剤の推奨事項が重要な審査の対象となる。

物質評価

毎年、ECDD会議は、医療用を含む精神活性物質の依存特性と健康に対する害を評価するために、
WHOにより組織される。

これらの物質が国連条約で規制下に置くべきか否か、ECDDから国連事務総長に推薦状が出され、
国連麻薬委員会(CND)により採決される。

935名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:47:24.82ID:zZpOauiS0
フー!

936名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:52:47.71ID:NkZlVoGf0
>>897

【国連・WHOは82年間も大麻の正式な審査をしていなかった】

日本政府は大麻取締法の根拠を国連条約としているが、現行の薬物関連条約の
大麻規制レベルこそエビデンスがない。

国連・WHOは、82年間も大麻の正式な審査をしていなかったと公式に認めて、
これまでの大麻規制レベルを正式に審査するための資料は不十分であるか、
または決定的ではないと公式発表をした。

それを受けてWHOは、大麻に関する『WHO:医薬品依存専門家委員会』を、
2018年6月4-8日に開催し、国連条約での大麻規制レベルを審議する。

大麻は、1935年の国際連盟健康委員会による審査から、専門家委員会に
よって科学的に一度も見直及び審査はされなかった。

現在のヘロイン同等と言う一番厳しい国連条約規制レベルは、1935年の僅かな
科学的知見により決定されている。

その非科学的な、規制レベルを、最新の科学、事実に基づいて見直そう、
と言うのが、現在の国連及びWHOの方針だ。

Cannabis and cannabis resin - World Health Organization
http://www.who.int/medicines/areas/quality_safety/8_2_Cannabis.pdf

WHO:薬物依存専門委員会 第36回会議 ジュネーブ、2014年6月16〜20日

Cannabis and cannabis resin has not been scientifically reviewed by the Expert Committee
since the review by the Health Committee of the League of Nations in 1935.

大麻および大麻樹脂は、1935年の国際連盟健康委員会による審査から、専門家委員会に
よって科学的に見直されませんでした。

Because of their inclusion in the 1925 Opium Convention, cannabis and cannabis resin were
included in Schedule I of the Single Convention on Narcotic Drugs. When the Schedules of
the Single Convention were drawn up,

the Expert Committee on Addiction‐Producing Drugs
stated that it “believed that the composition of the schedules [on the draft list for
the Single Convention] should be most carefully reviewed before they become an
established part of the new Convention”.

No reference can be found to a review of cannabis and/or its resin.
no specific reference to a review of cannabis or cannabis resin is made.

1925年のアヘン条約にそれらが含まれていたため、大麻と大麻樹脂は 単一条約付表Tに含まれた。
付表の作成は新しい条約が確立される前に最も慎重に検討されるべきである。

しかし、大麻および樹脂に関する審査への言及は見つからなかった。
大麻および大麻樹脂の審査への特定の指示はされなかった。

937名無しさん@1周年2018/04/17(火) 13:56:29.94ID:WrhBX+7F0
>>925
何事にも「絶対」は無いが、癌の早期治療に限定して言えば、大麻に頼るよりも病院で治療をした方が治る確率は高い。

どれを選ぶか本人の自由意思と言っても、それは正しい情報を与えらた場合のみ当てはまる。

大麻が癌に効く、と誤った情報の元での本人の自由意思は、当てはまらない。そしてそう言う言葉は詐欺師や悪徳商法の言い方。

938名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:14:29.27ID:zsu2SKwf0
>>937
だーかーらー
大麻の効果を信じて使うも使わないも本人の意思だろうがよ
あんたがとやかく言う筋合いないだろ
誤った情報だと思ってるあんたは、癌になっても使わなきゃいいだろ?
誰もあんたに強要なんてしてないだろ
実際にアメリカじゃ国立癌センターが抗がん作用も認めてるし、実際に医療解禁されてる州が半分以上あるんだよ
それを関係ないあんたが詐欺師だ悪徳商法だって騒いでなにがしたいのよ

939名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:20:25.93ID:zsu2SKwf0
>>937
あんた、どんなネタでもいいからいちいちケチつけたいだけなんじゃないのか?
日本だって漢方薬なんて信じられないってケミカルに頼る人だっているだろ?
その逆もいるわけだよ
あんたは他人の価値観否定して、強要もされてないことに詐欺だ悪徳商法だって
ただのクレーマーじゃないかよ

940名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:25:21.66ID:WrhBX+7F0
>>938
信じるか、信じないかの問題じゃない。

アメリカで、医者免許を持った人間が、「癌には大麻が有効です」と言う言葉が有ってこそ、本人の自由意思が出てくると言っている。

そうでなければ、○○水で癌が治ったとは同じレベルの話。

941名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:27:13.40ID:hKL4mY/O0
昭恵が「いいね!」押しそう

942名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:28:10.60ID:2SwpSxXI0
ゴミが何ほざこうがほざくほどに
またラリっパ逮捕のニュースが見れるんだしいいじゃないのwwwww

943名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:30:49.29ID:hKeuL1qd0
日本人の大麻嫌いは異常だよな。
ちょっと調べればタバコなんかよりずっと安全なのわかりそうなもんだけど。
ホトンドの危険ドラッグよりももちろん安全。

麻薬という言葉で全部をひとくくりにしてるからそう思っちゃうんだろうけど。

944名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:33:55.84ID:NkZlVoGf0
>>815 追記

大麻で幻覚が起きると言う嘘、誇張は、19世紀の精神科医モローによる
非科学的な考察から端を発した事は間違いない。

モローは精神科医なので、精神病の理解と治療の鍵である因果関係と幻覚に重点を置いた。
そして、大麻で精神病が治療できると考えた。

モローは、「人には与えられる2つの生存様式がある」、「第1のものは、宇宙との外界との
コミュニケーションの結果、第2のものは、自己の反映であり、自身の内部から供給されるもの」
であり、ハシッシの助けを借りて、誰もが自由にその領域に入り込めると考えた。

モローは、1830年代にアラブ諸国を旅行中に初めてハシッシュを試みた。
モローは自分自身でハッシシを試し、どんな事が起きるかいくつかの洞察を得た。

モローはハシッシで学ぶ過程で、投与したハッシシの線量と効果との間に特有の関係が
あることに気付き始めた。

小線量では、幸福感、リラックス、倦怠感、無関心感をもたらし、高線量では、
集中力がぼやけ始め、アイデアはランダムに出現し、時間の感覚が歪み、
知覚の鋭敏さはより大きく見えた。 より高線量では、『夢』が脳を氾濫させた。
モローが感じたこれらの『夢』は、精神病による幻覚のようだと思った。

しかし、これらの主観的印象は正しいだろうか?時間感覚の歪みは他の印象を歪ませないだろうか?

ハッシュの供給は限られていたので、モローはハッシシ吸引クラブを設立し、
フランスの有力な作家、詩人、芸術家、芸術家などをボランティアにして、ハッシシの
効果を客観的に観察する事にした。

この観察記録や、当時流行っていたデカダンスによる作家、詩人たちによる空想、
アラビアンナイト・千夜一夜物語の空想が、大麻で幻覚が起きると言う嘘、
誇張が実しやかに言われる都市伝説の根幹になった。

モローの試みは大麻で精神病、幻覚が起きると言うことではない。
大麻は19世紀の西洋での研究初期段階、作家たちの空想から誤解されて広まってしまった。

945名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:39:13.18ID:zsu2SKwf0
>>940
話が通じないやつだなー
米国立癌センターが抗がん作用認めてる上で医療解禁されてる州が半分以上あんのよ
そんなアメリカでジョブズが医者からなんて言われたかなんてあんたにわからんだろ?
それで大麻使うこと判断したのもジョブズ本人なんだよ
本人が自分でどこまで大麻のことを調べて、どういう経緯で使ったかなんてわからんだろ?


あんたなにが言いたいのよ?
なんで自分が勧められてるわけでもないのに、自分から詐欺だ悪徳だって絡んできてんの?暇なのか?
自分とは関係ないことにクレームだしてるあんたの目的はなんなんだ?
さっきからそこのツッコミには答えないんだよなー

946名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:40:17.51ID:NkZlVoGf0
>>940

医療大麻の効能が認知されている医療大麻解禁州では、医療関係者の92%が、
「小児がん患者が医療大麻を使用することを支援したい」と述べた。

http://iryotaima.net/wp/?page_id=3896

今週開催された米国臨床腫瘍学会学術集会2016で発表された調査報告によると、
小児がん医療提供者の10人中9人以上が、医療大麻治療を患者に施行することに賛成している。
654人の内訳は、イリノイ州、マサチューセッツ州、ワシントン州にある3つの
国立がん治療センターの臨床医および看護師らである。300人以上(46%)が回答した。
回答者の92%が、「小児がん患者が医療大麻を使用することを支援したい」と述べた。

947名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:40:35.98ID:by2O/dHQ0
煙がイヤなので、吸うのは禁止にしてくれませんか?(´・ω・`)

タバコだろうと、大麻だろうと、煙がイヤ

948名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:41:22.00ID:WrhBX+7F0
>>943
そもそも、日本人は昔から「嗜好」目的で大麻を吸った歴史は無いのだが。

949名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:44:34.10ID:NkZlVoGf0
>>940

医療大麻施用でグリオーマ(脳のがん)の生存期間・延命率が伸びる事が臨床試験で明らかになっている。

医療大麻施用で生存期間・延命率が伸びる事が臨床試験フェーズU証明で肯定的な結果を達成!

GW Pharmaceuticals Achieves Positive Results in Phase 2 Proof of Concept Study in Glioma

【GW製薬は、グリオーマにおけるフェーズU証明、コンセプト研究で肯定的な結果を達成】

http://ir.gwpharm.com/releasedetail.cfm?releaseid=1010672

この研究では、THC:CBDで治療された再発性GBM(再発性多形性多形膠芽腫)を呈した患者は、
プラセボコホート(偽薬群)の患者、53%(p = 0.042)と比較して1年生存率が83%であることが示された。

THC:CBD群の中央生存期間はプラセボ群の369日と比較して550日以上であった。

529)臨床試験で示された医療大麻の抗がん作用
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/d04957e94d1c713c75a7f49da6f225fb

【膠芽腫の標準治療に大麻製剤を併用すると生存期間が延長する】2017年2月7日発表

GWファーマ社は神経膠腫における第2相の概念実証研究において有効性を示す結果を得た

再発した多形性膠芽腫(Glioblastoma Multiforme)の患者21人を対象にした探索的第2相
プラセボ対照臨床試験によって、テトラヒドロカンナビノール(THC)とカンナビジオール
(CBD)を含む大麻抽出エキスの有効性を検討し、有効性を示す結果を得たと本日発表した。

再発性神経膠芽腫患者の1年生存率は、対照群が53%、THC:CBD製剤で治療を受けた群が83%で、
統計的に有意な差を認めた(p=0.042)。

生存期間の中央値は対照群が369日で、THC:CBD群は550日であった。

(詳細はリンクサイトにて)

950名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:47:38.38ID:NkZlVoGf0
>>940

下記の「MRI画像」を見てほしい。信用するか否かはキミの自由だ。

これだけ大きな脳腫瘍を外科的に除去したら、患者は障害に渡り重大な障害が発生する。
生存すら難しい。

【MRI画像】「生後16ヶ月の小児における大麻オイル単体治療での腫瘍消退」
https://greenzonejapan.files.wordpress.com/2018/01/e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2018-01-03-18-31-29.png?w=600

大麻オイルだけの治療開始から5ヶ月で脳腫瘍が確認できないほど小さくなっている。

951名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:50:52.43ID:NkZlVoGf0
>>940

大麻を強く禁止して来たアメリカ政府は、ついに、癌に於ける大麻の効用を正式に認めた。

大麻薬効成分が、癌細胞のカンナビノイド受容体に作用して、
癌細胞のアポトーシス(細胞の自死)を促します。

・大麻とカンナビノイドは、がんの症状やがん治療の副作用に対する治療に有益である可能性があります。

・大麻は、実験室において、がん細胞を殺傷することが示されています。

・細胞増殖の抑制。

・腫瘍に血液を供給する血管の成長の抑制。

・強いオピオイド単体では軽減されなかった進行がんの痛みに有効でした。

・明らかに痛みがよく抑えられ、不眠が少なくなることが示されました。

大麻とカンナビノイド(PDQ) 米国保健社会福祉省・国立衛生研究所・国立癌研究所 ・ USA.gov
http://www.cancer.gov/about-cancer/treatment/cam/patient/cannabis-pdq

上記の「米国保健社会福祉省」のサイトを、「臨床研究情報センター」が和訳している。
日本語でも読めるので査読してほしい。

大麻(カンナビス)とカンナビノイド(PDQ)
http://cancerinfo.tri-kobe.org/pdq/summary/japanese.jsp?Pdq_ID=CDR0000688139

また、詳細に関しては、下記のサイトより御一読を・・・

医療大麻:米国国立がん研究所 vs.日本厚生労働省
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/8c0df6948085fc7331d8bacdbf0cb523

アメリカ合衆国の国立衛生研究所に属する国立がん研究所はサイトで、
がん情報 PDQ(Physician Data Query)を配信している。

PDQは世界最大かつ最新の包括的ながん情報で、大麻についても最新の情報を提供している。
一方、日本の麻薬・覚せい剤乱用防止センターの大麻に関する情報は数十年前のもので、
ほとんど間違っている。

952名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:51:14.91ID:WrhBX+7F0
>>945
抗癌作用が認められたから、何だっていうの?

大麻だけで、病院で治療して退院出来る程度と同じ位の結果が実際に有るのですか?

そして、ジョブズが大麻を信じての治療なら、最後の段階で病院へいかないと思うけど?

要するに、大麻信者に騙されたと言う事では?

953名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:51:27.54ID:mZJVanwI0
日本は【麻薬ダメ絶対】を掲げる国
酒やタバコのような既存の合法麻薬の規制強化はあっても
新たな麻薬の解禁なんか絶対にさせないから諦めろ

954名無しさん@1周年2018/04/17(火) 14:54:11.82ID:f/IONTZ/0
>>937
併用すれば良いじゃないw

大麻で気分を良くして
美味しいもの食べてグッスリ眠る

これで治療の効果もアップ

955名無しさん@1周年2018/04/17(火) 15:01:37.42ID:WrhBX+7F0
>>954
病院で医師の管理の元の併用なら十分あり得るかもしれない。

956名無しさん@1周年2018/04/17(火) 15:06:02.07ID:NkZlVoGf0
>>955

医療大麻は既存の医薬品、治療法と併用できる。

例えば、末期がんを例に取ると・・・

1.抗がん剤など癌の化学治療による吐き気を緩和する。
2. 食欲増進効果があり患者さんの自然治癒力、QOLを増進させる。
3. リラックス、不安の軽減効果がある。
4.モルヒネの効かない、または耐性の付いた患者さんに鎮痛効果がある。
5.癌細胞のアポトーシス(自死)を促進させる。
6.ヴェポライザーなどで吸飲すると即効性がある。

まだありますが、単剤でこのような効果がある薬剤は大麻以外に存在しません。
しかも、副作用が少なく、穏やかに作用します。

このような医薬品が他にありますか?

また、医療大麻を使用している患者さんは、既存の医薬品に効果がなかった、
または副作用が大きすぎた患者さんが主に使用している。

『第一選択薬があるから、他の医薬品は必要ない』と言う暴論は、
医学、薬学界では通用しない。

957名無しさん@1周年2018/04/17(火) 15:07:58.42ID:f/IONTZ/0
気分が良くなる
食欲が出る
グッスリ眠れる

これだけで割と万能薬w
どんな怪我や病気にもプラスに働く効果

958名無しさん@1周年2018/04/17(火) 15:15:35.63ID:zsu2SKwf0
>>952
ほんと、しつけーなー
それを信用するもしないもあんたに関係ないだろがよ
大麻だろうが抗がん剤だろうが食事療法だろうが神頼みだろうが、選択するのは本人の自由だっつーの
強要されてるわけでもないあんたがとやかくいう筋合いねーの

普通は抗がん剤飲んでも治らなかったからって、西洋医学信者に騙されたなんて思わないけどな
とやかく口出す理由ないってことから話そらすのに必死かよ
それがあんたら反対派の限界だわ

959名無しさん@1周年2018/04/17(火) 15:19:03.18ID:NkZlVoGf0
>>956 追記

医療大麻合法化により、医薬品、治療法の選択肢が増える事は、
患者さんの利便性向上にしかならない。

現代医療は、医師、患者さん、親族のコンセンサスが尊重される。
医療大麻の効果を信じる人は使えば良いし、信じない人は
勧められても拒絶する権利が万人にある。

使わなければ良いだけ。至極当たり前の話だ。

臨床試験で確かな効果が確認されている医療大麻を禁止するのは、
患者さんが有効な治療を受ける権利を奪い、日本国憲法25条の生存権を侵害している。

960名無しさん@1周年2018/04/17(火) 15:31:47.73ID:WrhBX+7F0
>>958
人の命を玩具にするな、と言うのが分からないの?

医者の指示の元に適切な治療を行うのが理想的な方法。勿論その段階で医師が必要だと判断したのなら、大麻や覚醒剤等あらゆる薬物との併合も合法化されるべき。

961名無しさん@1周年2018/04/17(火) 15:33:57.55ID:2Fga8ppM0
>>929

正式な見解であろうがなかろうが、
世界保健機関が世界に発表していることに変わりないんだけど。

それに必ずしも正式な決定と一致するわけではないって言うけど、
そりゃ正式な決定というのは理事会の決議で決まるものであって、
理事会の決議と、こういう報告書と違ってくる可能性があるのは当然のことだよ。

それよりも
国際機関が、間違った情報を間違っていると認識しながら、
そのまま載せておくわけがないだろ。
国際機関の信用にかかわるわ。

それが
>>829>>830のように
http://www.who.int/substance_abuse/publications/cannabis_report/en/index8.html

世界保健機関は大麻に精神病リスク、知能低下リスクがあると全世界に発表し続けているんだよ。

ということはやっぱり大麻には精神病や知能低下のリスクがあると考えるのは普通だ。
それを大麻では精神病にならない知能低下もしないなんて信じこむのは阿呆なジャンキーだけだよ。

962名無しさん@1周年2018/04/17(火) 15:38:49.22ID:WrhBX+7F0
>>959
その為に必要なのは、患者の方にも正しい情報が必要。

患者の無知を利用する事をしてはいけない。

そして、患者に知識が無い場合、医師が正しい情報を与えた上で、患者が選ぶべき。

963名無しさん@1周年2018/04/17(火) 16:10:14.59ID:zsu2SKwf0
>>960
いつ誰が人の命を玩具にしたんだよ?
国立癌センターが抗がん作用があると認めた国の医療解禁された州で、癌患者本人が大麻使うことを自分で決めたって話をしてんだろがよ
本人でもなければ、強要もされてないおえが口出す話じゃないっていってんだよ
他人の生命にかかわる病気の治療法に口出しして玩具にしてんのはおまえたろ
口出す理由ないって理屈に反論出来ないからって話そらしてんじゃねーよ
だからおまえら反対派はそれが限界だってんだよ
解禁論者は嘘ついて騙してるって人格攻撃に話を落とし込むことしかできないんだろ
レベル低すぎだわ

964名無しさん@1周年2018/04/17(火) 16:10:54.00ID:gJe7UT3K0
>>962
先ずおまえが正しい知識を得てから発言すべきw

965名無しさん@1周年2018/04/17(火) 16:22:09.54ID:eZJrSus10
おっ?日本でも草を煙管に詰めて吸える日がやってくるのか
タバコアルコールに取って代わる第三の嗜好品の誕生するわけだな

966名無しさん@1周年2018/04/17(火) 16:27:51.25ID:JUa8FTow0
これだけタバコを追い込んでおいて今更大麻とか流行るのかよ

967名無しさん@1周年2018/04/17(火) 16:35:31.20ID:NkZlVoGf0
>>960

【無知は罪であり、知ろうとしないことはさらに深い罪である】

『人の命や生活に関与する問題を無知のままNOと言わないでほしい』
http://www006.upp.so-net.ne.jp/wakasama/taima/

これは、多発性硬化症を患い、大麻の有用性に気づきながらそれを使えないまま亡くなられた
小笠原健次さんの奥様の言葉です。

『大麻に関する悪意と偏見は、大麻に関する無知から派生している』

968名無しさん@1周年2018/04/17(火) 16:38:50.83ID:pJWJutAj0
>>6
あれだろ?東京五輪でも医療目的で大麻使用してる外人片っ端から入国させないんだろ?

969名無しさん@1周年2018/04/17(火) 16:39:34.64ID:mZJVanwI0
何で麻薬がダメなのかを考えろよ
使用したら脳味噌が馬鹿になって人を殴ったり殺したりレイプしたり事故を起こしたりするからダメなんだろ?
他にも依存になったら中毒になるからダメなの
だから大麻はもちろん、本来なら酒やアルコールもアウト

970名無しさん@1周年2018/04/17(火) 16:46:00.50ID:NkZlVoGf0
>>969

【大麻は麻薬ではない】

@「麻薬」と「大麻」を混同している人も多いのではないか。
 「麻薬」という言葉は、旧字体では「痲薬」と記し、「痲」の字は「しびれる」という意味を持つ。

 一方で、「大麻」の「麻」は植物の「アサ」を指す。つまり「痲」と「麻」は同じ意味ではない。

 1949年に、漢字が旧字体から新字体に移行され、「痲」と「麻」が同じ漢字になった結果、
 このような混同が起きたのだ。

A日本の法律でも「大麻取締法」と「麻薬取締法」で両者は明確に区別されている。
 
 日本の法律上、麻薬に指定されているのは「麻薬取締法:付表1」に記載された物質だけ。
 大麻は「麻薬取締法:付表1」から除外されている。日本の法律上、大麻は麻薬ではない。

B米大統領による「カーター教書」でも「マリファナを法律上、麻薬扱いしない」としている。

C「大麻の依存性はカフェイン程度、危険性は酒、タバコ以下」この様な大麻は麻薬とは言えない。

971名無しさん@1周年2018/04/17(火) 16:49:35.29ID:NkZlVoGf0
>>969

『日本の法律上』、大麻は麻薬ではありません。
麻薬に指定されているのは、「麻薬取締法 別表1」に指定された物質だけ。

麻薬及び向精神薬取締法
http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/viewContents?lawId=328AC0000000014_20160618_425AC0000000049

(用語の定義)

一 麻薬 別表に掲げる物をいう。

麻薬に指定されているのは、合成されたTHCだけ。
「麻薬取締法 付表1」では、ワザワザ「大麻を除く」と明記されている。

・法(法別表第一)及び政令(政令第一条)による麻薬類          
http://www.epc.osaka-u.ac.jp/pdf/drug%20etc.pdf

表-1 75ー44

六a・七・八・十a―テトラヒドロ―六・六・九―トリメチル―三―ペンチル―六H―ジベンゾ
〔b・d〕ピラン―オール(別名デルタ九テトラヒドロカンナビノール)

(分解反応以外の化学反応(大麻取締法 (昭和二十三年法律第百二十四号)第一条 に
規定する大麻草(次号において単に「大麻草」という。)及びその製品に含有されている
六a・七・八・十a―テトラヒドロ―六・六・九―トリメチル―三―ペンチル―六H―ジベンゾ
〔b・d〕ピラン―オールを精製するために必要なものを除く。)を起こさせることにより
得られるものに限る。)及びその塩類

972名無しさん@1周年2018/04/17(火) 16:50:59.92ID:NkZlVoGf0
>>969

日本の法律上、大麻は麻薬ではない。

国連による国際的統制がとられているが、麻薬の指定成分は各国で異なる。
また、麻薬とは本来、あへんやあへん様化合物を指す単語であり、
国連条約は単語を誤用している。

麻薬 - 薬学用語解説 - 日本薬学会
http://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E9%BA%BB%E8%96%AC

麻薬の定義

もともとはあへんやあへん様化合物から誘導され、精神と行動の著しい変化および依存性と
耐性の可能性を伴う強力な鎮痛作用をもつすべての薬物を指す。最近は、合成あるいは天然の
薬物で、メペリジンやフェンタニルとその誘導体など、あへんやあへん誘導体と作用が類似
しているものすべてをさす(ステッドマン医学大辞典より抜粋)。

法律上の麻薬とは、“麻薬及び向精神薬取締り法(平成2年に従来の麻薬取締法より改正)
”第2条により「別表1に掲げる物」として指定されたものをいう。(>>14 参照)

アヘンチンキ、モルヒネ塩酸塩、コデインリン酸塩、コカイン塩酸塩、フェンタニル、リゼルギン
酸ジエチルアミド(LSD)などがある。麻薬の規制については、国連による国際的統制が
とられているが、麻薬の指定成分は各国で異なる。

一方、覚せい剤、大麻、向精神薬は麻薬とは区別され、それぞれに法的規制が
定められている。なお、麻薬の原料となるけしやあへん(けしの抽出物:医薬品として
加工されたものを除く)は別途“あへん取締法”による規制を受ける。

レス数が950を超えています。1000を超えると書き込みができなくなります。