【大麻合法化】カリブ海の15のCARICOM加盟国が大麻の非犯罪化を真剣に検討へ

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1ニライカナイφ ★2018/07/11(水) 04:31:24.05ID:CAP_USER9
◆カリブ海の15のCARICOM加盟国が大麻の非犯罪化を真剣に検討へ

大麻事業を成功させる潜在的な経済的利益のために、15カ国の指導者が大麻を非犯罪化するかどうか議論する予定である。
今週、多くのカリブ諸国が集まり、とりわけ、大麻の非犯罪化について議論する予定です。
カリブ諸国連合(CARICOM)として知られている15カ国の首脳は、7月4日から6日にかけてジャマイカで会合を開き、カリブ海諸国首脳会議の第39回会議に出席する。

CARICOMの15カ国は、バルバドス、ベリーズ、ドミニカ、バハマ、ガイアナ、グレナダ、ハイチ、セントルシア、セントビンセントとグレナディーン、アンティグアバーブーダ、ジャマイカ、モントセラト、セントキッツネビス、スリナム、トリニダード・トバゴ。
この会議は、CARICOM加盟国の政策の確立と指導を支援することを目的としています。
カリキュラム事務総長大使アーウィンラロックは、2014年にメディアに公表された声明で、カリキュラムが2014年に設立したマリファナ地域委員会の報告書を検討すると主張した。

マリファナ地域委員会は、法律、医学、犯罪学、経済などの背景を持つ専門家集団です。
LaRocqueによれば、この報告書は、大麻の社会的、経済的、法的、および健康上の利益を測り、非犯罪者の非犯罪化を支援している。

「彼らはアルコールとして管理され、管理されている物質とみなされることを推奨しており、医学大麻の研究を可能にする法律が制定されることを提言している」と LaRocqueは声明で述べている。
会議が開かれているジャマイカでは、現在、大麻を許可し、大麻2オンスと植物5栽培を非合法化する法律を持ち、許可された農民が大麻を医学、治療、科学目的で育てることを許可している"

ニュース組織Telesurによると、マリファナ委員会は、他の国の潜在的な法的枠組みの一例として、ジャマイカの大麻法を支持した。
現在、ほとんどのカリブ諸国で大麻使用を禁止する法律があります。
そして10グラムまでの大麻の所有権を非合法化したジャマイカとベリーズ以外では、他のカリコム諸国のいずれも大麻を合法化したか、または非合法化していない。

■写真
ハイチ大統領Jovenel Moise(C)は、カリブ海地域社会(カリコム)総会の第29回祝賀式典の開会式をリードしているカリブ海沿岸アーウィンラクロケ(L)とグレナダ首相キースミッチェル
https://images.herb.co/wp-content/uploads/2018/07/GettyImages-924529784.jpg?auto=format%2Ccompress&dpr=1&crop=faces&fit=clip&w=750&h=1
カリブ海地域社会の事務総長アーウィン・ラロク(Irwin LaRocque、L)は、29回目のカリブ共同体会議(CARICOM)の終わりに記者会見をした後、ハイチ大統領Jovenel Moise(R)と握手を交わす。
https://images.herb.co/wp-content/uploads/2018/07/GettyImages-925200924.jpg?auto=format%2Ccompress&dpr=1&crop=faces&fit=clip&w=750&h=1

Herb 2018年7月8日
https://herb.co/marijuana/news/caribbean-marijuana-decriminalization/

109名無しさん@1周年2018/07/12(木) 19:07:41.61ID:40Ivh9KP0
【目黒女児虐待死】大麻所持容疑で父親を追送検 容疑者は黙秘
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1531281058/

http://jprime.ismcdn.jp/mwimgs/a/9/620/img_a92d965ef7ba70e0dbae2a8aac692ba8508177.jpg
ママ、もうパパとママにいわれなくてもしっかりと じぶんからきょうよりか 
もっともっとあしたはできるようにするから もうおねがいゆるしてゆるしてください 
おねがいします ほんとうにもうおなじことしません 
ゆるして

110名無しさん@1周年2018/07/12(木) 19:11:56.08ID:mScShnF80
統計等の数値で総合的判断できない
シングルタスクな人が大麻反対に固執する感じ

111名無しさん@1周年2018/07/12(木) 19:13:41.63ID:hXmpOT7o0
財政難の国々

112名無しさん@1周年2018/07/12(木) 20:35:46.91ID:IuDgI10h0
>>111
大麻合法化と雇用
Cannabis is the fastest growing job sector in America
大麻関連産業はアメリカで最も成長著しい職業だ。
https://herb.co/marijuana/news/cannabis-jobs-growth-zip-recruiter

「合衆国で一番伸びてる仕事のカテゴリーはなにか知ってますか?」
ジップ・リクルーター社のイアン・シーゲルCEOはフォーブスの取材に対して答えた

「大麻ですよ」


“You know what the fastest-growing job category in the United States is?” Ian Siegel, CEO of ZipRecruiter.com, told Forbes: “Marijuana.”

成長率は445%。
2017年の大麻産業統計ファクトブックによれば、16万5千人から23万人のフルタイム及びパートタイムの大麻関連雇用がアメリカに有る。
2018年にはカリフォルニア州などで大麻解禁は更に大きく進んでおり、順調に市場規模が拡大傾向にある。

113名無しさん@1周年2018/07/12(木) 20:36:23.64ID:IuDgI10h0
>>111

大麻経済
カナダの企業、オーロラ社は世界最大の大麻の生産者になろうとしている。
Canadian company Aurora becomes the largest cannabis producer in the world after merger

https://herb.co/marijuana/news/aurora-medreleaf-merger-licensed-producer

22億USドルでMedReleaf社(カナダ)を買収。

更に別にも、最近ではデンマークで、二つのヨーロッパでの大麻栽培の計画が進行中。

他にも既に、カナダで最初期から活動する大麻生産企業であるCanniMed Therapeutics Incを含む、少なくとも8社の競合他社を買収している。

その規模は大麻の生産量では全体で45000kg以上に達する。

「我々はこれで済んだとは思わない。数週間後にはオーロラ大麻社は更なる動きをあなたに見せる事になるでしょう」

またオーロラ社は、国際的に大麻の製品とそのブランドを輸出もしている。例えば、ドイツやオーストラリアに向けて。

here’s no time to be lost, 
we want to establish our presence globally, 
and become the local domestic supplier,
Cam Battley, Chief Corporate Officer of Aurora Cannabis told Yahoo Finance
「迷ってる時間など無い。我々は国際的に進出する。と同時に地域の為の供給者にもなる」
と代表取締役のカム・バッテリーはYahooファイナンスの取材に答えた。

カナダの進歩的なポリシーは連邦法という障害に苦労しているアメリカの大麻企業に対して、オーロラ社のような企業が優位に立てている一要因でもある

114名無しさん@1周年2018/07/12(木) 20:45:34.47ID:IuDgI10h0
>>102
UNとWHOは2017年6月27日『個人的薬物使用及び薬物所持』に関する
刑法廃止を求める共同声明を発表しており、各加盟国に対して推奨をしている。

日本は加盟国ですね。

115名無しさん@1周年2018/07/12(木) 20:47:28.63ID:H8pS0n6F0
こどものやらせが増えてきたな
こどもだからこう言う風にしたいとかキャラ作らせてる
実際はそんなこどもいないっつーの

116名無しさん@1周年2018/07/12(木) 22:07:47.59ID:IuDgI10h0
大麻取締法を根本から見直すべきである
米軍による軍事占領下の1948年に大麻取締法が制定されてから既に70年経過した。大麻への禁止法を根本から見直さなくてはならない時期に来ていると考える。

政府の干渉には2タイプがある。即ち、権力による干渉と勧告または情報の公表による干渉である。

前者のタイプの干渉については
即ち、権力による干渉は、もう一方のそれと比べて合法的行為の範囲が非常に限られていることは、一見して明らかだ。
如何なる場合においても、権力による干渉はそれを正当化する必要性が権力によらない干渉に比べてより強くあるし、
また人間生活においてはそうした干渉をしてはならない所が多くある。
社会の団結に関していかなる理論を取ろうと、またどんな政治制度のもとで生活しようとも、いかなる政府も、それが超人間的存在のものであれ、
選ばれた者のものであれ、一般人のものであれ、絶対に踏込んではならない部分が人間一人一人のまわりに存在する。
思慮分別ができる年齢に達した人間の生活には、いかなる個人または集団からも支配されない部分がある。
人間の自由や尊厳に全然敬意を払わない者が投げかける疑問などを相手にしない部分が人間の存在の中にはあり、またなければならない。
要は、どこにそうした制限を置くかということだ。自由に確保されるべき領域は、人間生活のどれほど広い分野を占めるべきなのか。

その領域は、個人の内面であれ外面であれ、その人の人生にかかわる全ての分野を含み、個人への影響は、規範や倫理的影響を通してのみにするべきだ、と私は理解している。

特に内的意識の領域、つまり思考・感情・ものの善悪・望ましいものと軽蔑するものとに対する価値観に関しては、
それを法的強制力か単に事実上の手段によるかは別にして、他者に押し付けない、という原則が大切だ。

そして例外的に他者の内的意識や行動を規制する場合には、立証責任は常に規制を主張する側にある。

また個人の自由に法律が介入することを正当化する事実は、単なる推定上のものであってはならない。
自分がやりたいと考えていることが押えられたり、何が望ましいのかという自分の判断と逆の行動をとることを強いられたりすることは、面倒なことだけではなく、
人間の肉体または精神の機能の発達を、感覚的あるいは実際的な部分にかかわらず、常に停止させる傾向がある。

各個人の良心が法的規制から自由にならなければ、それは多かれ少なかれ奴隷制度への堕落に荷担することになる。
絶対に必要なもの以外の規制は、それを正当化することはほとんどない。

やや長々としたがこの見解は、政府が大麻を強権をもって禁止すべきか否かを決定するための指導原則をはっきりと説明している。

117名無しさん@1周年2018/07/12(木) 22:11:08.46ID:eqidX/lG0
目黒

118名無しさん@1周年2018/07/12(木) 22:37:33.05ID:aXd/4UYf0
>>102
今の大麻規制自体、その外国から言われて始まったことだ

119名無しさん@1周年2018/07/12(木) 22:45:13.87ID:IuDgI10h0
>>102

Why America is to blame for Japan’s harsh cannabis laws
なぜ、アメリカは厳しい大麻への禁止法を日本に強いたのか

それ以前の歴史では日本は大麻という植物とは文化的に不可分であったのに、戦後70年余で多くの日本人がそれを認識出来なくなっている

https://herb.co/marijuana/news/japan-cannabis-marijuana-history



The highly conservative Liberal Democratic Party (LDP) ramped up their policies just as their American allies were about to launch a war on drugs. 
高度に保守的な自由民主党(LDP)はアメリカの同盟国らしくドラッグ戦争的な構えにも同調的な政策を掲げる。
More importantly,
as the New York Times
discovered in 1994,
it was the help of the CIA that made sure the LDP won every election from 1955 to 1993. 
更に重要な点がある。
NYTが94年に調査したように、
CIAは自民党が1955から1993までの毎回の選挙を勝利するように援助をしていた。
Naturally, policies favorable to America followed.
当然ながら、政策はアメリカに都合が良い、アメリカ追従的なものになる

120名無しさん@1周年2018/07/12(木) 23:09:53.95ID:IuDgI10h0
【嗜好大麻および医療大麻を合法化している国および地域】
2018


◆【嗜好大麻合法9州+特別区および国】 

コロラド州、ワシントン州、オレゴン州、アラスカ州、カリフォルニア州、マサチューセッツ州、 
ネバダ州、メイン州、バーモント州、首都ワシントンDC、ウルグアイ 

◆【30医療用大麻合法州・特別区・準州】 

アラスカ、アリゾナ、オクラホマ、カリフォルニア、コネチカット、デラウェア、コロラド、 
ワシントン、ハワイ、イリノイ、マサチューセッツ、メリーランド、メイン、 
ミシガン、モンタナ、ニューハンプシャー、ニュージャージー、ニューメキシコ、 
ネバダ、オレゴン、ロードアイランド、バーモント、ペンシルベニア、オハイオ、 
ミネソタ、ニューヨーク、フロリダ、ノースダコタ、アーカンソー、ウェストバージニア、 

首都ワシントンDC特別区、グアム準州、プエルトリコ自治連邦区 

◆【 37医療大麻合法国】 

ドイツ、ベルギー、オランダ、チェコ、オーストリア、ルーマニア、フランス、 
イタリア、イギリス、 スペイン、ポルトガル、デンマーク、フィンランド、スイス、 
カナダ、オーストラリア、スリランカ、 イスラエル、カメルーン、ブラジル、ウルグアイ、 
ロシア、ジャマイカ、チリ、コロンビア、マケドニア、メキシコ、アイルランド、タイ、 
アルゼンチン、ギリシャ、ペルー、ポーランド、ニュージーランド、パラグアイ、レソト、 ジンバブエ

121名無しさん@1周年2018/07/12(木) 23:15:45.74ID:/atGaVYW0
>>14
何だろう、見ざる言わざる聞かざる的なスタンス?

要塞にでも閉じこもってればいいのに。あ、言われなくても閉じこもってるか

122名無しさん@1周年2018/07/12(木) 23:17:14.73ID:/atGaVYW0
>>18
その分、酒場のパトロール増やせばいいんだよなバカらしい

123名無しさん@1周年2018/07/12(木) 23:40:32.90ID:IuDgI10h0
大麻使用は、危険な飲酒、薬物、処方薬を減らすだけでなく、
大麻には、『神経保護作用』があり、深酒によるダメージから脳を守る。

『大麻は、深酒による脳のダメージを防ぐ』と言う研究結果
http://blog.mpp.org/research/study-marijuana-may-protect-against-brain-damage-from-binge-drinking/08212009/

大麻は、飲酒に因る酸化ストレスや、脳細胞死を軽減する神経保護特性を持っている。

この研究は、大麻がアルコールよりも安全であることを示してだけではなく、
深酒によるダメージから脳を守る働きのあることを示してします。

*****

アメリカ政府は、神経防護物質としてカナビノイド(大麻有効成分)の「特許」を所有している。
大麻の成分が脳や神経細胞をさまざまなダメージから守る。

Patent No. 6,630,507
http://www.denverpost.com/2016/08/28/what-is-marijuana-patent-6630507/

『No:6630507』

この特許は、大麻およびその成分が酸化防止効果および神経保護特性を有していること。
老化による炎症防止、および自己免疫疾患に有効であるとして
1999年に「米国保健社会福祉省」が取得しました。

特許は、大麻およびカンナビノイドが、脳卒中および外傷性脳虚血発作、神経損傷を抑制する。
例えばアルツハイマー病、パーキンソン病およびHIV、痴呆、神経変性疾患の治療、
神経保護剤としての用途を有することが記述されています。

*****

WHOも、大麻成分の『神経保護作用』を認めている。

【WHO:5.2 CANNABIDIOL(CBD):事前審査報告書】2017年11月10日
http://www.who.int/entity/medicines/access/controlled-substances/5.2_CBD.pdf?ua=1

CBDが評価された条件の範囲は、『神経保護』、抗てんかん、低酸素虚血、抗不安薬、
抗精神病薬、鎮痛薬、抗炎症薬、抗喘息薬、抗腫瘍薬として一貫性があり多様である

124名無しさん@1周年2018/07/13(金) 10:19:53.36ID:GK2xWl+e0
>>88
で?
>>64で「日本のマスコミの手のひら返し」の話をしてたのに
なんでそうやって話をすり替えるの?

あと
「なんで自分で探さなかったの?」

いい加減逃げ回るのやめてちゃんと答えたら?
どれだけ長文でごまかしてもみんなに見られてるよ?

お前ら空行教の信者は「大麻の解禁」という御旗を上げてりゃ
「話題のすり替え」も「質問は聞こえてないフリ」も許される特別な存在なの?

お前らのやってることは反対派と何ら変わらない
「議論の放棄」と「言論封殺」じゃん

125名無しさん@1周年2018/07/13(金) 11:53:35.99ID:oDMtsZNj0
>>124
>「なんで自分で探さなかったの?」

北朝鮮が大麻の仕出国となっている状況は全くない。
と言う話は過去レスで何度も何度も提示している。
レス番 >>83 のソースも過去レスから転写したものだ。

>「北朝鮮を」「経由地として」「不正に輸入」「摘発事例」
>全部当てはまってる事例を見事にお答えしましたけど?>>87

件の『第80回クルーズ - ピースボート』は、北朝鮮に寄港しておりません。
日本に持ち込まれた個人的使用量の大麻はジャマイカで購入したものでした。(>>88 参照)

自分の根拠の無い妄想が大間違いだった事ぐらい素直に認めた方が綺麗だよ。

126名無しさん@1周年2018/07/13(金) 12:44:13.35ID:ZgoSu3pH0
とピースボートの中の極左アカンナビストさんがなにやらw

127名無しさん@1周年2018/07/13(金) 13:20:58.34ID:GK2xWl+e0
>>125
自主的に探さなかった理由には全然なってないけど何をそんなに言い訳ばかりしてるの?
探そうとすらしてなかったのに話をのすり替えだけに熱心だっただろ

なんで「日本のマスコミの対応」の話をそうやってすり替えたの?
そうやってコピペで誤魔化さないで話の本筋をすり替えたことを素直に認めたら?

>>72
>別にそれがないからと言って、ほらほらーないじゃないかーとかいうつもりも無いよ。

なにこれ?今のお前と正反対の事を書いてるけど
自分の言ったことにも責任取れないならもう黙っててくれないかな
解禁派にとって邪魔でしかないよ
お前のその場しのぎの大嘘連発と議論から逃げまくるその態度とご都合主義脳は
綺麗とか、お前はどのツラ下げていってるの?

なんで話をすり替えたの?
俺は「日本のマスコミの手のひら返しのきっかけ」の話をしてたのに
お前が捻じ曲げていつまでも質問に答えないせいで
俺も含めて解禁派が思いっきり迷惑を被ってるんだけど

「解禁派は話をすり替えて詰問しまくるくせに質問にはゴマカシてばかりで一切答えようとしない」
これ全部お前のせいだけど
そうやって解禁派の立場を悪くするようなデタラメや嘘の流布はやめてくれないかな

128名無しさん@1周年2018/07/13(金) 13:36:08.11ID:qGgGK45V0
>>127
だからな。>>93

そいつは別の人だから。
誰が誰かを判別出来ないならやらなくて良いんだよ
もともとあえてできるようにはしてないんだからここは。

お前のマスコミを批難したい意図はわかるが事実を基にやらないと、それはまるで意味がない

129名無しさん@1周年2018/07/13(金) 14:01:59.93ID:qGgGK45V0
アメリカの大麻(カナビス)の歴史を辿ってみればマリファナ禁止への執念は皮肉に満ちていた。
北アメリカ大陸へと大麻を持ち込んだのは17世紀に始まったヨーロッパの移住者たちだった。
19世紀までは国でも最も収益性の高い作物で、薬効の弱い大麻(産業用とかヘンプとか言われる)が何万エーカーも栽培されていた。
南北戦争前までは毎年のようにケンタッキー、ミズーリ、バージニアや南東部の州へ拡大していった。

大麻を繊維など製品として仕上げるには多大な労力を必要としたため、アメリカの大麻産業はアフリカからの労働力を活用した。
そのためアフリカ系アメリカ人たちは大麻の栽培と加工に独占的な知識を持つようになる。

しかし南北戦争以後は奴隷も減少し、黒人の台頭を嫌う綿花や合成繊維業者との競争もあって大麻産業は徐々に衰退していった。

アメリカ建国の父トマス・ジェファーソンやジョージ・ワシントンをはじめとして何千もの地主や農民は大麻を育てていたが、医療や楽しみのために使っていたという確証はほとんどない。 
大麻がアメリカで医薬品や陶酔物として最初に使われたのは19世紀中頃になってからで、ヨーロッパの研究やインドやアジアの使用の研究からもたらされた知識を起源としている。

1854年当時アメリカ薬局方にはカナビスが掲載されている。
19世紀後半には大麻の抽出物が民間薬に使われ始め、特許を受けた万能薬として製薬会社や個人の薬草店から売り出された。
カナビスは極めて安全な医薬品と考えられていて、鬱病、喘息、痛み、神経疾患、不眠症など様々な種類の薬として広く処方されていた。

ヘンプの利用やカナビスの医薬品利用は20世紀初頭の技術革新との競争に晒されたが、それを後押しするかのように
新しく設立された連邦麻薬局とその局長ハリーアンスリンジャーがマリファナが暴力と精神異常の原因になると主張した。
第2次大戦中、アメリカ政府は戦争に必要だと「ヘンプで勝利を」 というスローガンを掲げ農家に栽培を奨励したが、
戦争が終わるとすぐにアンスリンジャーはFBI長官のエドガー・フバーなどと協力してカナビスを一気に悪霊化した。

1940年代後半以降、アメリカは、ヘロインやあへん、コカインを対象とした国際反麻薬条約にマリファナを加えて世界に押しつけマリファナ禁止の中心勢力になった。

130名無しさん@1周年2018/07/13(金) 14:02:23.00ID:qGgGK45V0
1960年代〜
アメリカ政府等のマリファナに対する反対にもかかわらず「ヒッピー」の文化が同時期のアメリカにも感染した

マリファナは様々に幅広く多量に使われだした。 
かつてマリファナの使用は公民権運動や反戦運動とも結びつきを持っていた。
黒人のジャズ・ミュージシャンや活動家たちはマリファナを吸い、若い学生たちも人種差別や資本主義、ベトナム戦争に抗議するときにマリファナを吸った。
そういう時代であった。

1968年ニクソンが一期目の大統領に選ばれたとき、彼は政治ラジカルとマリファナ使用の関連に非常に神経質になった。
カナビスに対する刑罰を強化し、マリファナを医学的有用性のない大変危険な 「規制薬物」 として政府の公式一覧表に追加した。
しかし間違っていてまるで効果が無かった。
1960〜70年代には多量のマリファナがアメリカにもたらされた。
高品質のマリファナがメキシコやコロンビア、アジア、ジャマイカから船舶や飛行機さらにメキシコ国境の陸路を経由して洪水のように流入した。

この時期、効力の強いカナビスは1オンス(28g)平均40ドルだった。
レバノンやアフガン・ハシシ、タイ・スティックなど外来のカナビス製品やハシシ・オイルなども豊富で値段も手頃だった。
ベトナム戦争帰還兵たちは戦争地帯から本国に大麻の種子を持ち帰り、アメリカ中に、特に北カルフォルニアや南西部州を中心に移植した。
それらの種子と、ヒッピーたちによってネパールやアフガニスタンなど広範囲から収集された種子が遺伝交配された。
マリファナはどこででも受け入れられ、すべての社会階層で公的私的に使われてきた。
それはまるで反マリファナのプロパガンダや実効的な警察活動など無くなってしまったような状態だったのだ。

実際マリファナはごく当たり前のものとなり76年の大統領選で民主党ジミー・カーターは非犯罪化を掲げ、共和党のジェラルド・フォードも大麻利用者を刑務所には送らないと約束した。
民主党カーターが選挙に勝ち、支持者たちは連邦法の劇的な変化がすぐに実現すると思っていたが現実はそうならなかった。 

政権のドラッグ政策の顧問ピーター・ブーン博士が偽処方箋の発行とパーティでドラッグを使ったというスキャンダルで解任され、カーターは非犯罪化の公約を取り下げざるをえなくなったからだ。
1960〜70年代のアメリカで理性的な連邦マリファナ政策への大きなチャンスは違法なはずのマリファナ使用の社会的な大っぴらさと共に失われた。

カーターは1980年にはロナルド・レーガンに破れる
それ以降ドラッグ戦争は常態化し犠牲ばかり大きいアメリカの一大国家プロジェクトになってしまった。

131名無しさん@1周年2018/07/13(金) 14:02:50.73ID:qGgGK45V0
1980年代〜
just say no 
ただノーと言おう?の時代

レーガンとホワイトハウスのスタッフたちは秘密裏のCIA-DEA作戦を更に展開し何トンものコカインやヘロインを北アメリカに流入させる。
(実はベトナム戦争当時から政府機関の関与するハードドラッグのサイドビジネスは稼働している)
レーガンはそのドラッグ・マネーを中米地域の反共産対策にも資金供給した。

妻のナンシー・レーガンは「ただノーと言おう」という反ドラッグ・キャンペーンを始めて親たちや学校を麻薬戦争の最前列に立たせた。
レーガン時代に政権は近代的な麻薬戦争関連産業の土台を巧妙に作り上げた。
ドラッグ戦争にはDARE(ドラッグ中毒抵抗教育)のような準政府のプロパガンダ機関が参加し、ドラッグ・フリー・アメリカとの協力関係もはじまった。
これらの機関は公立学校やメディアに再び1930年代の気違い草の神話を広め、放送の無料時間枠を使った反ドラッグ広告や番組を盛んに作らせた。

またレーガンの支援を受け「正直者の集まり」のような住人向けドラッグ治療プログラムもあった。
マリファナ使用の疑いのある親をもつ子供たちは監禁、拷問されて洗脳された。
学校の教室を管理するのに警官たちが送り込まれ、生徒たちに親や友達を密告するように指導させた。
警察の指導に従った生徒たちの家は家宅捜査を受け、親は逮捕され本人たちは施設に入れられた。
レーガン将軍は民間企業や政府機関に対して従業員の強制的なドラッグ・テストを実施するように勧告し、違法ドラッグに陽性反応を示した人に「相談」の受講を強制した。
もし受講を拒否したり、再びテストで陽性になったりすれば解雇や逮捕されることもあった。 
レーガン時代は、麻薬取締局や税関、沿岸警備隊、軍を総動員し国内のマリファナを一掃し、アメリカへのマリファナの流入を阻止し他の国のマリファナ栽培をも根絶しようとした。

アメリカの反マリファナ政策は外国に対してはしばしば帝国主義や植民地主義のようになる。
ジャマイカやコロンビアの識者によれば、ガンジャ畑をなぎ倒し、輸送路を破壊するためにアメリカの軍隊と武器が使われた。
メキシコとの国境にも軍が配置された。
本国で行われた反マリファナ作戦では、ハワイやカルフォルニア、中西部などの市民たちは、武装した軍が庭にヘリコプターで降り立ち、DEAがマリファナに除草剤パラコートを空中散布するのを目撃している。

アメリカの大麻使用者たちにとっては、レーガン体制はマリファナの価格と偏執症の増大を意味していた
80年代後半に最高品質のマリファナの小売価格は1オンス200ドルに達し、屋外の違法な大規模な栽培も公共の場所での喫煙も過去のものとなった。

しかしながら、取引価格の上昇と警察等の活動激化は思わぬ結果を導いた。
マリファナの栽培家たちは一層強力なシンセミラ(種無しの雌花)を室内栽培で育てるようになった。
輸入マリファナも重要な供給源ではあったが、アメリカ国内の栽培者たちがマリファナの新しい種類を作り出し栽培技術を改良して製品やマーケット・シェアを増やしたのだ。
1988年、ブッシュ大統領がホワイトハウスを指揮する頃になると、過去10年間に多大な経費をかけたにもかかわらず、大麻の使用率は恒常的に高く留まり、大麻とその支持者たちをも対象にした麻薬戦争はいよいよ失敗した。 

大麻などと比較にならない遥かに強力な作用と害悪のあるスモーク、クラックコカインの嵐が当時のアメリカには吹き荒れていた。
本来の敵では無い大麻ばかりを利用者数が多いからと誤攻撃する事に感けたからだろうか?
それともCIAがパブロ・エスコバルに発注する量を間違えたからかもしれない。

132名無しさん@1周年2018/07/13(金) 14:03:16.32ID:qGgGK45V0
ブッシュも麻薬戦争を国内政治の中心に据えた。
ブッシュに協力した上院は憲法から市民の自由を保証する条項を徐々に取り除いた。
裁判所は警察が確度の高い証拠や同意なしで市民の家や車、身体を捜査できるように判決を出したのだ。

警察は人種や経歴などのプロファイルを作成しそれを口実に市民に接近することができるようになる。
また捜査令状請求に嘘を申し立てたり、尋問中に脅しや肉体的な暴力や嘘をつかって被疑者に自白を強要したり、さらに警察や検察は被疑者が確認したり反論することの不可能な匿名の情報提供者に頼ることもできるようになった。
時には「誤り」を犯し、間違った住所でドラッグの家宅捜査を行って無実の市民を殺害してしまったことさえ起きた。
こうしたことは「戦争」の必然であり処罰も行われない。

アメリカ最高裁はドラッグ使用が国の緊急課題で国家安全の脅威であると認定し、憲法上の公民権保護規定を「戦時」は適用しないことにした。
警察が引き起こしたどのような過失や蛮行も、麻薬戦争の「不慮の犠牲」ということで見過ごされた。

またこの時期に「財産没収」も行われたのだった。
これにより裁判で刑事責任が確定する以前に民事裁判で警察やDEAが個人の家や車、銀行口座などの資産を没収することができた。
不当に短い期限を区切って財産の正当性を主張するように要求し、それが出来なかったりすれば後で刑事上無罪になっても財産は没収されたままで決して返却されることはなかった。
少しのドラッグの所有が有ったから全財産をドラッグで儲けたのだろうと言って証拠でも無い、価値の有る物全てを合法的に警察が収奪する異常事態。

匿名情報と財産の没収という組み合わせは腐敗した法執行機関や関係者を焚き付け、犯罪活動ではなく没収した財産の価値を基準に犯罪捜査や逮捕が行われた。
そのような時代であった。

レーガンとブッシュ時代には強制的な最低刑罰が制定された。
強制刑罰では過酷な留置期間が規程され、情状酌量による減免措置の適応も排除された。

現在から振り返って見ればこのような刑罰ガイドラインの結果は統計的に人種差別的な様相を呈している。
そしてアメリカ社会に禍根を残した。

麻薬戦争によって引き起こされた公民権の深刻な侵害は後世の法体系に組み入れられ、アメリカ愛国法や911以後の政策や法的措置の土台として利用された。
令状無しの秘密捜査、予防監禁、秘密裁判が行われ、本当の潔白を主張する被告の能力を押さえつけることになった。
しかし莫大な費用をつぎ込み、何百人もの人々を逮捕し起訴したのにもかかわらず、北アメリカのカナビスの文化は繁栄を続けていく事になる。

133名無しさん@1周年2018/07/13(金) 14:03:42.31ID:qGgGK45V0
92年ビル・クリントンという大麻を吸った事は有るけれど吸い込んでないと言い張る民主党のマヌケが大統領になった。
当初、前任の共和党よりも大麻に対してまともな仕事をするだろうという期待は事実有った。
しかしそれは違った。
二期の任期間で大麻の逮捕者数や法執行の為の予算や費用は「不適切な」劇的な上昇をした。
吸い込んでないからだろう

クリントン時代には麻薬戦争に別の戦術も採られた。
学校で薬物試験紙や麻薬犬などが利用され、お互いに見張りあう密告ネットワークも作り出された。 
さらに、クリントンの国家薬物規制政策ホワイトハウス事務所と軍の出世主義者バーリ・マカフェリー総司令官は反マリファナの宣伝に何百万ドルもをメディアにそそぎ込み、
主要テレビ・ネットワークには金を与えて番組中にこっそりと反マリファナのメッセージを挿入させた。
このマカフェリーもまたマヌケ政権に似つかわしいマヌケさを持ち、更に虚言癖の禁止論者であったので
(当地で大麻が合法的に扱われるのを非難する意図で)
「オランダの殺人発生率はアメリカより高い」などとまず誰も信じない嘘というより妄言をもメディアに自分の口から直接与える男である。
現実には人口当たりの殺人発生率だけで無く生涯で何らかの全ての規制薬物を一度でも利用する率でもアメリカはオランダより遥かに高い。
 

メディア向けのこのやり方はジョージ・W・ブッシュ政権にも継承され、主要メディアにマリファナ使用者はテロに資金援助しているといったプロパガンダ広告を流させた。
ジョージ・W・ブッシュは、選挙キャンペーンでは州の自治権を尊重すると言っていたにもかかわらず、大統領になると医療用大麻を合法化した州に対して州自治権に対する連邦政府の権力を強化した。
司法長官とDEA局長に率いられた連邦司法職員らはカリフォルニアに侵入し、病人や死にかけている人たちまで逮捕し、完全に非営利で合法的だと皆が認める医療大麻クラブまで家宅捜査した。
これに対して、カリフォルニアの一地方の郡検察官のマイク・ラムゼイは6本の大麻草を引き抜こうとしていたDEAのエージェントに向かって、「自分達の作ったガイドラインでは合法であるから破壊行為で逮捕すると威嚇した」と言う。

この様な医療用大麻に対する迫害は強固な抵抗運動を生み出すことになった。

クリス・コンラッド、バレリー・コーラル、メイ・ラン・マスー、イーサン・ルッソ博士などの個人が政府の職権乱用に対して大声で非難した。
また一方ではマーク・エメリーやジョージ・ソロスなどの裕福な投資家たちがチームを組みNORMLやMPP、アメリカン・セーフ・アクセスなど有力な機関を支援している。 

そしてバラク・オバマが医療用大麻への州法を無視した連邦法による訴追の終結を掲げて大統領選に勝利する。
彼は黒人で始めてのアメリカ合衆国大統領であるという部分以外にもアメリカンヒーロー的な要素が強く有った。
しかし、就任後にその約束はディスペンサリーへの連邦法での強襲という形で反故にされる事件が有った。
現在では任期満了し共和党ドナルド・トランプ政権に変わったが医療用大麻の利用者や提供者が州法を遵守するかぎりは連邦法による訴追は受けない。
州法でレクリエーション用も合法的に使えるようになり、大麻は一大成長産業になっている。

134名無しさん@1周年2018/07/13(金) 14:04:51.43ID:qGgGK45V0
最新のギャラップの調査によると、アメリカ人の大麻の合法化支持論者の割合は記録上最も高く64%と実に三分の二近くにもなった。
反対の意見の多いと予測されやすい共和党支持で有ってもその数は51%と過半数を制し、72%の民主党支持者と67%の無党派層が大麻の合法化を支持する。

これが意味するのはアメリカの民意の上では、大麻が大きな論争を起こす様な争点では今日では無くなってしまったという事だろう。

マリファナに関しての調査をギャラップが初めて行った頃の1969年当時はヒッピーの全盛期であり社会的にマリファナ喫煙が大流行の時世ではあったが、大麻の合法化を支持すると回答したのは、
たったの12%に過ぎなかった

135名無しさん@1周年2018/07/13(金) 14:05:05.70ID:ykGYbIQm0
このスレはいつも通りにコピペマンが乗っ取ったぞおおおおおお

136名無しさん@1周年2018/07/13(金) 14:05:07.84ID:MhSB8j0N0
カルテルの資金源潰しじゃないのこれ

137名無しさん@1周年2018/07/13(金) 14:08:48.43ID:qGgGK45V0
>>135
と言いつつ一通り貼り終わるまで待ってくれる優しさ。

別にだからって俺のスレだって事にはならないんだが、ソース探してきて依頼したのは俺だ

138名無しさん@1周年2018/07/13(金) 14:08:50.51ID:GK2xWl+e0
>>126
今が極左かどうかは置いといて
実際に「脱左翼」の「なんとなくノンポリ、うっすらと反権力」という連中は多いと思うよ
ミュージシャン崩れとか自称旅行者、グローバリスト、スローライフ嗜好者なんかに紛れ込んで

いまだに国家観もハッキリ出来ない幼稚な思考回路しか持ってないくせに

山本太郎の姉とか三宅洋平とかだけでもお腹いっぱいなのに
都議会にもいる、ミュージシャン崩れの解禁派みたいな変な女が
こいつらが「科学的なエビデンスの元の解禁議論」の邪魔をしてる癌

武田邦彦教授や福田一典医師や日本臨床カンナビノイド学会、医療機関紙ファルマシアなどの
科学的、医学的なエビデンスをもって大麻の必要性を訴えてる常識人の足を引っ張ってる

別スレに粘着してるような反対派のキチガイじみた十把一絡げで議論を誤魔化す連中も大概だけど
こういう、北朝鮮というワードだけに脊髄反射して
ここまで病的に議論や話の本筋を捻じ曲げようとする解禁派もただの害悪
頭の中が70〜80年代から全然成長してない

139名無しさん@1周年2018/07/13(金) 14:14:46.17ID:qGgGK45V0
>>138
合法化ができるだけのいろんな人に支持された方が良いのは確かだろ

いろんな人が居るんだから。
とは言え、北朝鮮が日本に向けた大麻の不正輸出の仕出地にはなっては無いのも事実。

もっと言うと、そうなってようがなって無かろうが大して影響してこないと思いますが。
いや多分に影響するんだ!って思うならハアそうですかとしか言えんわな

140名無しさん@1周年2018/07/13(金) 14:27:15.95ID:qGgGK45V0
コーヒーと大麻のより完璧な組み合わせについて。
How to pair coffee and weed for the perfect day
CANNABIS / CULTURE
Introducing the art of the wake and bake

https://herb.co/marijuana/news/coffee-and-weed-wake-bake

141名無しさん@1周年2018/07/13(金) 20:36:47.02ID:WTrnSaej0
なんだか不安を感じる?
5 best strains to eliminate anxiety 
不安感を消すのに最適な5つの大麻の品種たちの紹介です。
https://herb.co/marijuana/news/best-strains-anxiety-friday-the-13th


1. Cannatonicカナトニック
高CBD低THCのハイブリッド品種。僅かにアーシィ(自然的)で繊細なシトラスの香り。味は甘め。
リラックスには最適な品種。

2. Jack Hererジャックヘラー
非常に有名な品種で高THCでサティバ。
パイニー(松脂的な)な香り。そしてあまり味はしない。
アップリフティングなサティバらしい作用で不安と共にストレスや疲労感を溶かしてくれる。
またインスピレーションを豊かにする作用でも知られる品種。

3. Northern Lightsノーザンライツ
言わずと知れたインディカ品種。甘く、アーシィな香り。
どちらかというと昼よりも夜向きと言える様な作用を持っている。
深くリラックスした眠りの為によく使われる品種。

4. Stephen Hawking Kushステファンホーキングクッシュ
THC:CBDが1:1のインディカ品種。ウッディでアーシィな風味。
不安感に苦しむ人にとって1:1のバランスはまさに最適。
高THC品種のようにはハイにはならない品種。

5. Blue Dreamブルードリーム
高THC(22%)低CBD(2%)のハイブリッド品種。
サワーな香りとベリーの風味。
不安感に効果的なだけで無く、社交的にしてくれる事でも知られる。
ボディバズとヘッドハイな、かなり効力の強い部類に入る品種。

142名無しさん@1周年2018/07/13(金) 20:37:30.68ID:WTrnSaej0
夜も暑くて寝つきが悪い?
どの大麻がより良くあなたの睡眠を補助するのか?
Which Weed Helps You Sleep? Here Are The 10 Best Bedtime Strains
10種類の快眠の為に最適な大麻の品種
https://herb.co/marijuana/news/which-weed-helps-you-sleep-10-best-bedtime-strains

この目的には大別して、インディカ優勢の品種が主体になります。
また大麻のカンナビノイドとテルペン類の含有量や率の特性も重要な点になります。
インディカ優勢の睡眠の補助に向いた大麻の品種は高THCの大麻も多く、眠る一時間〜二時間ほど前に摂取するのがより効果的です。
もし、THCに過敏な体質であればCBDやCBNの豊富な品種に目を向けて見ると良いでしょう。
また必ずしも喫煙という摂取方法に固執する必要はありません。他にも選択肢が有ります。

10・GSC(ガールスカウトクッキーズ、GSC)
アメリカで最もポピュラーなハイポテンシャルな大麻の一つ。インディカ優勢のハイブリッド品種。
睡眠の一時間か二時間ほど前に摂取するのがより良い睡眠の為に好ましい。

9・White Widow(ホワイトウィドー)
世界中で長く愛されて来たリラックス作用を持つ品種。睡眠補助にも何十年も使われてきました。
高THC品種でもあるのでベッドに入る二時間程前に摂取するのが最適です。

8・Blue Cheese(ブルーチーズ)
ブルーチーズはインディカ優勢の大麻の品種です。その作用は全身をリラックスさせます。
BlueberryとUKCheeseという大麻の品種を交配して、ブルーチーズは生まれました。
また鎮痛作用などにも優れた品種です。

7・Cannatonic(カナトニック)
睡眠の補助に最適な大麻の品種を探す際には、必ずしも高THCの品種だけにこだわる必要性はありません。
このCBDの豊富なカナトニックという大麻は、その一例です。
抗不安作用でも優れた品種です。

6・Granddaddy Purple(グランダディパープル)
「おじいさんの紫」と言う名のクラシックな優れたインディカ品種で、落ち着きのある作用とパープルの植物の色が特徴的です。
リラックスの目的には最適な品種でテルペン類の含有も豊富な為に、睡眠の補助の為にこの大麻は良く選択されます。

5・Afgoo(アフグー)
この品種もクラシックなインディカ優勢の品種です。
ボディハイで特徴的な品種ですが、入眠の二時間前の摂取が最適でしょう。
アフグーは利用者を眠くさせるだけの品種ではありませんが睡眠の補助にも優れた品種です。

4・Grape Ape(グレープエイプ)
これも紫色が特徴的なインディカ大麻でぶどうの香りがその名前の由来です。
非常に高効力な品種で、リラックスや睡眠補助の他にも鎮痛や抗不安、PTSDの治療にも多く使われます。
先にヘッドハイが来て、その後に強い身体への効果が現れますから、入眠の二時間前摂取が推奨されます。

3・Purple Kush(パープルクッシュ)
数多のクッシュの中から一つだけの品種を選ぶことは困難な事です。
しかし、パープルクッシュはその中でも睡眠補助に最適な種です。
純インディカ大麻で身体と気持ちを、ストレスと緊張から解放してくれる作用に優れています。クッシュの仲間には他にも優れた品種があります。

2・God’s Gift(ガッズギフト)
睡眠の補助には最も人気のある品種の一つで、強力なインディカ種の大麻。他に鎮痛作用にも定評があります。
かけ合わせはグランダディパープルとOGクッシュで、この睡眠補助に最適な品種のTHC含有率は18〜22%という数字が測られています。
少なくとも入眠一時間前の利用が最適でしょう。

1・Northern Lights(ノーザンライツ)
恐らく、地球上で最も有名なインディカ大麻の品種でしょう。
基本的に純粋なインディカ種ですが、実はこの品種のその出自はハッキリわかっているわけでは無いのです。
睡眠の補助にはもちろん、他にも多様な効能が知られます。

どの大麻があなたの睡眠を補助するのかをランキングすれば、いつでもノーザンライツはトップに選出されます。

143名無しさん@1周年2018/07/14(土) 07:51:36.58ID:qHpEWhjp0
日本でも非犯罪化と言う手も有る。

144名無しさん@1周年2018/07/14(土) 11:12:08.97ID:qHpEWhjp0
KOOLやWinstonなどの製品で知られる大手タバコ企業、インペリアルブランドが、大麻産業に参入へ。

Big Tobacco Company Imperial Brands Gets Into Cannabis
https://herb.co/marijuana/news/imperial-brands-tobacco-cannabis-pharmacielo-oxford/

145名無しさん@1周年2018/07/14(土) 17:32:00.09ID:qHpEWhjp0
大麻を20年間吸っても健康障害が起こらないという日本人医師による日本語での解説

496)医療大麻を考える(その11):大麻を20年間吸っても健康障害が起こらない
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/e21bbefc3fad5e8c06bd734363eb71d4

1990年から2006年までのアメリカ合衆国の50州全ての犯罪率を追跡調査し、医療用大麻を合法化した州での犯罪率の変化を検討した報告があります。
その結果、医療大麻法の施行が、殺人や強盗や暴行などの暴力犯罪を増やすことはなく、むしろ、殺人と暴行の犯罪率の減少に関係している可能性が指摘されています。
飲酒は暴力犯罪を増やしますが、大麻にはそのようなリスクは無いと言えます。

146名無しさん@1周年2018/07/14(土) 17:53:50.17ID:qHpEWhjp0
大麻には致死量が無いという日本人医師による日本語での解説
及び法設立経緯の解説

470)医療大麻を考える(その6):大麻には致死量が無い
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/2cedb7dd3da94ed159744f289c6d149e

GHQから大麻を規制するように命令されたために仕方無く法律を作ったのですが、
大麻が社会問題になっていた訳でもなく、人体に対する毒性や、暴力や犯罪との結びつきも一切調査したことが無いまま、規制が続いているのが、大麻の実情です。
医学的には大麻がアルコールやタバコより安全であることは常識になっています。
米国国立薬物乱用研究所(National Institute of Drug Abuse)のジャック・ヘニングフィールド博士は「マリファナはアルコールやニコチンやカフェインよりも依存性や離脱症状が弱い」と言っています。
依存性(薬の使用を止められない状態になること)の強さは、強い方からニコチン、ヘロイン、コカイン、アルコール、カフェイン、マリファナの順番です。
離脱症状(連用している薬物を完全に断った時に禁断症状が現れることで、身体依存を意味する)も
これらの中でマリファナが最も弱く、カフェインよりも離脱症状は弱いと薬物乱用の専門家は評価しています。
つまり、大麻は酒やタバコやコーヒーより中毒になりにくいことは医学的に証明されているのです(下表)。

【産業用の大麻を残すため、医療用途を禁止した】
日本政府は農業としての大麻を何とか存続させようと、GHQ(連合国総司令部)と交渉します。
大麻は漢方薬や大麻チンキなどと医療利用の長い歴史があったのですが、
GHQが大麻の麻薬性を問題にしていると考えて、精神作用のある成分を含みマリファナの原料になる花穂と葉を厳禁し、茎と種子は利用可能にして大麻の農業利用を存続させようとしたのです。
つまり、大麻の医療利用は、農業利用の存続のためのスケープゴートになったのです。

147名無しさん@1周年2018/07/14(土) 17:54:14.67ID:qHpEWhjp0
大麻は脳細胞を保護するという日本人医師による日本語での解説

501)医療大麻を考える(その13):大麻は脳細胞を保護する
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/185afadbba735a359142157c3516bdad

【日本では大麻の薬効を報道するのはタブー?】
大麻成分のカンナビノイドの神経系に対する作用の研究を、その毒性から研究することも大切ですが、
薬効との関係で研究する方がもっと重要だと多数の研究者は考えています。
しかし、なぜか日本では、
「大麻が病気の治療に有用」という研究発表も報道もできない風潮があるように思います

148名無しさん@1周年2018/07/14(土) 17:55:31.64ID:qHpEWhjp0
大麻及びカンナビノイドの研究について、日本人医師による日本語での解説

497)医療大麻を考える(その12):冤罪はマスコミによって作られる
https://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/975464187b6d776ca875a14ed15d3d9e


厚労省に媚を売って大麻撲滅関係の研究費を狙っているのかなと勘ぐりたくなるほど徹底した宣伝です。
「この研究結果が、医療大麻の神経系に対する薬効のメカニズムの解明に役立つ」
という発想ができないのが不思議です。
そんなコメントをしたら、日本では研究費はもらえなくなるので、できないのかもしれません。

149名無しさん@1周年2018/07/14(土) 18:02:03.47ID:vlbVat1y0
大麻は良い作用もあるんだろ?

150名無しさん@1周年2018/07/14(土) 18:16:50.77ID:qHpEWhjp0
>>149
もはや強行な大麻禁止論者すらも禁止法に相反する事実を認めざるを得ない状況へ。
大麻への禁止法では(Controlled Substances Act (CSA)でのSchedule I指定)大麻の医療価値を認めていません。


Jeff Sessions finally says 
marijuana ‘may’ have ‘some benefits’
https://herb.co/marijuana/news/jeff-sessions-murkowski-marijuana-research
あの禁止論者ジェフ・セッションズ司法長官が、大麻には恩恵が有る可能性がある事を認める発言。

The Attorney General has been stubbornly standing in the way of progress.

151名無しさん@1周年2018/07/14(土) 19:05:44.02ID:qHpEWhjp0
>>149
Long-time cannabis opponent Senator Feinstein now supports legalization
長年の禁止論者だった議員、
今は大麻合法化を"強く"支持。

https://herb.co/marijuana/news/feinstein-cannabis-legalization

She reportedly changed her position after seeing children whose lives were being improved by medical marijuana.
彼女は医療大麻を使って生きる子どもに出会って、それまでの考えを改めた。

CA州の中で最も声の大きな禁止論者の一人だった彼女は、現在は大麻合法化を力強く支持するとインタビューに答えた。

152名無しさん@1周年2018/07/14(土) 19:06:19.47ID:qHpEWhjp0
ハーバードポリティカルレビューによる4つの大麻合法化を阻む大きな要因
The 4 biggest barriers to marijuana legalization, according to Harvard
https://herb.co/marijuana/news/marijuana-legalization-barriers-harvard
1. Legalization requires research―and research requires legalization
大麻の合法化の為には必要な調査を要求される、
そして調査の結果は自ずから合法化を要求する事になる、
調査は阻害されている。
2. Big Pharma is threatened by cannabis
大製薬企業による大麻への脅かし。
例としてインシス製薬は50万ドルを大麻の合法化の妨害に費やした事が明らかになっており、これは古いヒッピー陰謀論の類いでは無い。

3. Law enforcement pressures politicians
法執行機関による政治への圧力。

4. Private prisons oppose legalization
刑務所産業の合法化への抵抗。

153名無しさん@1周年2018/07/15(日) 19:19:13.57ID:qA4ivmLX0
【医療大麻】ブラジル・ピアウイ州=医療用大麻の栽培許可申請へ=「薬価格20分の1に」と知事 
2018年7月14日
http://www.nikkeyshimbun.jp/2018/180714-25brasil.html

ピアウイ州政府は、ブラジル保健省管轄の国家衛生監督庁(Anvisa)とブラジル連邦警察に対し、
医療用大麻の栽培を公式に認めるように申請する予定だと、13日付現地紙が報じた。

大麻からはカンナビジオールと呼ばれる医療用物質が抽出できる。Anvisaは2014年から、
医師の処方箋や、医療のために必要であるとの検証付で、カンナビジオールの輸入
(主に米国から)を認めてきた。カンナビジオールは、てんかんや、重大なけいれんを
引き起こす疾病の治療に用いられるが、輸入品であるために高額で、カンナビジオール
利用の医療費は月額3千レアル(87,500円)を超える事もある。
 
ピアウイ州連邦大学も医療用大麻栽培計画に関わっており、Anvisaに栽培許可を申請している。
Anvisaはカンナビジオールの利用法と実態調査のための規定を定める必要があるが、
その作業は8月までに終了すると返答した。ピアウイ州は、規定が定められたら、正式に
栽培許可要請を出す意向だ。

ウェリントン・ジアス同州知事は、「外国で作られた薬を国内で使う事が出来るのに、
その薬を国内生産する事が出来ないなんて事はあってはならない」と語っている。

同州知事は、国内で医療用大麻の栽培が認められれば、それから抽出される
カンナビジオールを使った医薬品の価格は20分の1になるとしている。

154名無しさん@1周年2018/07/15(日) 20:42:20.56ID:BsrqgqBj0
あの辺の国、全部今よりもっと堕落しそう。

155名無しさん@1周年2018/07/15(日) 20:52:52.15ID:qA4ivmLX0
>>154
もちろん日本も例外では無い。

国連UNとWHOは2017年6月27日『個人的薬物使用及び薬物所持』に関する
刑法廃止を求める共同声明を発表しており、各加盟国に対して推奨をしている。

156名無しさん@1周年2018/07/15(日) 20:53:38.18ID:qA4ivmLX0
麻薬に関する単一条約公布から50年が経過した2011年、
薬物政策国際委員会は、麻薬に関する単一条約から始まる薬物戦争が失敗に終わったことを宣言し、
大麻の合法化の検討といった薬物政策の見直しを求めた。
条約は「人類の健康と福祉」を目的としているが、成功をもたらしていない。
規制した薬物の消費量は増大してきた。
規制は、巨大な犯罪闇市場に利益をもたらし成長させてきた。

厳しい刑罰が薬物の使用を抑制するという仮説は反証されており、非犯罪化などの寛容政策を採った国々の使用率や依存率は上昇しておらず、
より厳しい政策をとっている国々の方が、薬物の使用による問題が大きい。

1961年に僅かな科学的な証拠に基づいて設計された、薬物の相対的な有害性による現行のスケジュールの指定は、
明白な異常をもたらし、特に大麻やコカの葉は、現在では誤ってスケジュールが指定されている。
スケジュールIの指定は、医療大麻のような治療的な利用に対する影響を研究することを困難にしている。
2013年国際連合の薬物乱用防止デーにおいて、法の支配は一部の手段でしかなく、
処罰することが万能の解決策ではないという研究が進んでおり、
健康への負担や囚役者を減らすという目標に沿って、人権や公衆衛生、
また科学に基づく予防と治療の手段が必要とされ、このために高度な見直しを開始することを言及し、
加盟国にはあらゆる手段を考慮し、開かれた議論を行うことを強く推奨している。

国際連合薬物特別総会(UNGASS)のかつての総会で加盟国には、
非現実的な「薬物のない世界」という目標が課された。
しかし犯罪や暴力が薬物の使用によるものではなく、規制の結果であることが示されてきており、
近年では大麻の合法化など制限を緩めている国があり、
また犯罪を強調することが人権蹂躙を引き起こしているなど、見直しの必要性が挙げられている。

157名無しさん@1周年2018/07/15(日) 21:05:28.27ID:zweSdxiG0
東京オリンピック開催時までに医療大麻を認可しないと
人権無視な国際問題が勃発すること必至
女優を血祭りにしたところで国際社会には通用しませんから

158名無しさん@1周年2018/07/15(日) 22:10:12.60ID:qA4ivmLX0
Middle-Aged Men Will Dominate The Legal Cannabis Market In Canada, Says Study
中年男が合法な大麻の市場を支配するであろう。
という研究がしめされた。
In Canada

https://herb.co/marijuana/news/middle-aged-men-cannabis-market-canada

159名無しさん@1周年2018/07/15(日) 22:10:46.53ID:qA4ivmLX0
TV’s First Competitive Cannabis Cooking Show Premieres On Netflix
テレビ史上で初となる、調理人の対決形式の大麻のクッキング番組が始まりました。

その名はCooking On High。
二人のプロフェッショナル料理人が対峙し、より美味しい大麻の料理を30分間でつくり、優劣をジャッジします。
勝者はおそらくスプレーで塗っただけの鍋、golden potを獲得出来ます。


https://herb.co/marijuana/news/cooking-on-high-netflix-review-cooking-show

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています