【北海道地震】「泊原発が動いていれば停電はなかった」→動いていてもブラックアウトは起きていた 止まっていてむしろ幸いだった★5

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1ばーど ★2018/09/13(木) 15:18:08.54ID:CAP_USER9
■日本では起きないとされていた「ブラックアウト」

※省略

ところが、地震発生直後から17分以内に北海道全域で電力供給が止まり、短時間での復旧が不可能となりました。この状態をブラックアウトと呼び日本では起こりえないとされてきた極めて深刻な電力事故でした。このような大規模広域停電としてよく知られているのは2003年北アメリカ大停電で、5000万人が影響を受けました。当時日本では、小規模電力会社で構成されるため、広域送電技術の遅れている合衆国、カナダ固有の問題であって優れた送電技術を持つ日本では起こりえないとされました。今回それが北海道で発生したといえます。

ブラックアウトが生じると、火力、原子力などの汽力発電所(蒸気や高温ガスでタービンを回し発電する発電所)の再起動は単独では不可能となり、水力発電によって電力を汽力発電所に供給し、その電力によって起動してゆきます。そのため再起動にはたいへんな時間がかかります。

このブラックアウトによって泊発電所が外部電力喪失となり、非常用ディーゼル発電機(DG)によって所内電力を供給することになりました。2011年の福島核災害(Fukushima Nuclear Disaster)は、地震により夜の森27号鉄塔が倒壊したことによる外部電源喪失が引き金になって起こっていますので、多くの市民がまた核災害が起きるのではと恐怖を感じ、一時騒然となりました。幸い、泊発発電所では非常用DG起動に成功し、その日のうちに外部電源も回復しましたので事無きを得ています。

このブラックアウトがもしも厳冬期に起きれば、確実に数多くの凍死者がでていました。また不幸な条件が重なり、泊発電所で大規模核災害が生じた場合、福島核災害と異なり、発電所の東側に広大な居住地が広がる為にきわめて深刻な被害を生じていました。

■止まっていてむしろ幸いだった泊発電所

震災当時、泊発電所は福島核災害後の再審査に手間取っており、運転認可がありませんでした。結果、泊発電所の全原子炉は停止後6年を経て冷温停止状態でした。そもそも、核燃料は原子炉の中になく、すべて使用済み核燃料プール(SFP)で冷却中でした。

※省略
 
原子力・核施設の安全を確保する為にとても大切なのは時間的余裕(時間稼ぎ)です。使用から何年も経過した使用済み核燃料は、十分に「冷えて」いて電源喪失後も緊急時対応に使える時間はたっぷりあります。したがって、人の手が加えられる限り(人が近づける限り)燃料溶融のような破滅的危機に陥ることは無いと考えて良いです。

これがもしも運転中の原子炉ですと、外部電源喪失後に非常用DG起動に失敗し、更なる措置にも失敗して原子炉の熱除去に失敗した場合、速やかに(約2時間程度で)炉心は溶融し、最悪の場合は原子炉が爆発、崩壊することで大規模核災害に到ることになります。もちろん、非常用DGは二重化されており、高い信頼性がありますし、今回は無事に起動しています。したがって、運転中であっても今回は無事に冷温停止に持ち込めたと思われます。

しかし、事実として運転中と停止中の原子炉では根本的に内包するリスクは異なります。

停止中の原子炉と運転中の原子炉とでは、安全余裕に雲泥の差があります。時々見受けられる運転中の原子炉も停止中の原子炉も、安全性に違いがないから運転していたほうが良いと言う無根拠の意見は、根本的かつ完全に誤っています。そのような言論には塵芥ほどの価値もありません。

※省略

■「泊発電所が稼働していれば大停電はなかった」論の愚

■そもそも「不適格」状態だった泊原発

■動いていてもブラックアウトは起きていた

※省略

結論を書けば、今回仮に泊発電所が動いていた場合、定格出力運転中の原子炉は苫小牧での送電網破綻の影響で緊急停止することになり、その上ブラックアウトの為に外部電源を喪失します。これはたいへんに危険なことで、もしもここですべての非常用DGの起動に失敗すれば最終的に原子炉が爆発する可能性があります。

これは北海道電力特有の弱点で、今回その弱点が露呈したと言えます。これにより、今後泊発電所の適合性審査はさらに難しいことになると考えられます。なぜなら、安定した送電と外部電源という多重位防護の第1層に弱点

以下全文はソース先で。

2018.09.10
HARBOR BUSINESS Online
https://hbol.jp/174509

★1が立った時間 2018/09/11(火) 13:13:13.32
前スレ
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536704433/

732名無しさん@1周年2018/09/15(土) 03:49:22.96ID:wuMfyWzI0
>>100
それはない。反原発派が流している情報には虚偽が多数含まれる。
結論から言えばあの現場の必死の努力に、F1-1 の IC 制御訓練があれば 1機もメルトダウンしていない。爆発が起き、連鎖的に救済が不可能になったのは菅直人一人の責任である。
日本の原発の防御階層が足りないことは国会事故調も認めるところではあるが、調査報告書を読めば最初の水素爆発までにできること、燃料棒溶融開始後の対処を菅直人が全て阻止してきたことが克明に書かれている。

長くなるが、網羅的に説明したいと思う。こういうことをやると資料が消されるので各自でアーカイブを取っていただきたい。

国会事故調査報告書 (東京大学ミラー)
http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/tkdlab/fukushimanpp/kokkai.html
国会事故調査報告書 (本家、アーカイブ)
http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/3856371/naiic.go.jp/blog/reports/main-report/
その他ミラー
http://www.mhmjapan.com/content/files/00001736/naiic_honpen2_0.pdf


事故にはいくつかの段階がある。本質的な問題 (あれほど古い BWR炉をなぜ稼働させたのか)、事故以前の問題、事故直後の対処、…といったように。

まずは、事故が起きるまでの説明をしたい。検証可能性を残すために、なるべく資料へのリンクを張っているが、完全ではないことは申し訳ない。
よくある安部が電源喪失はないとした話だが、これも菅直人が流したデマである。

733名無しさん@1周年2018/09/15(土) 03:49:57.71ID:wuMfyWzI0
>>732
時系列としては、

2002/2/不明 「原子力発電所の津波評価技術」において、O.P. +5.7m が指摘される。 (O.P. とは平均潮位。満ち潮と引き潮では海面高が変わるので)
http://committees.jsce.or.jp/ceofnp/node/5

2002/7/31 三陸沖南部海溝寄り 30年内 70〜80% M8級発生の推定が政府から指摘される。O.P. +3.1~3.7 どころでなく 15m に達する可能性が指摘されたタイミング
「三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価について」
https://www.jishin.go.jp/main/chousa/kaikou_pdf/sanriku_boso.pdf

2005/04/07 東電 O.P. +3.1〜3.7m 報告 (O.P. とは平均潮位。O.P. +3.1m は 3.1m の津波高さを意味する)
TEPCO REPORT VOL.109 (2005年4月)
http://www.tepco.co.jp/company/corp-com/annai/shiryou/report/bknumber/0504/pdf/ts050400-j.pdf

2006/12/22 全電源 (複数の、外部、DG、バッテリー) 喪失を想定していない答弁

巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問主意書
http://www.shugiin.go.jp/Internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a165256.htm
>  5 日本の原発の約六割はバックアップ電源が二系列ではないのか。仮に、フォルクスマルク原発1号事故と同じように、二系列で事故が発生すると、機器冷却系の電源が全く取れなくなるのではないか。

734名無しさん@1周年2018/09/15(土) 03:50:33.25ID:wuMfyWzI0
>>734
衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書
> 我が国において運転中の五十五の原子炉施設のうち、非常用ディーゼル発電機を二台有するものは三十三であるが、我が国の原子炉施設においては、外部電源に接続される回線、非常用ディーゼル発電機及び蓄電池がそれぞれ複数設けられている。
> また、我が国の原子炉施設は、フォルスマルク発電所一号炉とは異なる設計となっていることなどから、同発電所一号炉の事案と同様の事態が発生するとは考えられない。

東電が虚偽の報告をしているため、津波の仮定であっても答弁はしようがない。また虚偽報告である O.P. +3.1~3.7m での申請は保安院に認可されたままなのでここで想定外答弁となるのは仕方がない。

2007/不明 東電が 2002年政府報告を検討
2008/3/9 東電 O.P. +15.7m 報告も政府へ正式報告せず
「三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価の一部改訂について」
https://www.jishin.go.jp/main/chousa/09mar_sanriku/index.htm

-- 政権交代

ここからが地獄

735名無しさん@1周年2018/09/15(土) 03:50:53.41ID:0P2iN8Aq0
この問題はなんとも言えないんだよな
供給が多くても少なくてもブラックアウトする

それから、火力の停止で原発自体も周波数変動で止まった可能性が高い
他の火力よりも周波数への耐久性がどうなのか
原発と再生エネは両方とも周波数変動で融通が効かない

736名無しさん@1周年2018/09/15(土) 03:52:05.82ID:GfQuS+/30
>>731
お前も同じようなもんだろ
予備電源で事故が防げるという前提も、ご都合主義の前提だ

737名無しさん@1周年2018/09/15(土) 03:52:14.47ID:wuMfyWzI0
>>734

衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対する答弁書
> 我が国において運転中の五十五の原子炉施設のうち、非常用ディーゼル発電機を二台有するものは三十三であるが、我が国の原子炉施設においては、外部電源に接続される回線、非常用ディーゼル発電機及び蓄電池がそれぞれ複数設けられている。
> また、我が国の原子炉施設は、フォルスマルク発電所一号炉とは異なる設計となっていることなどから、同発電所一号炉の事案と同様の事態が発生するとは考えられない。

東電が虚偽の報告をしているため、津波の仮定であっても答弁はしようがない。また虚偽報告である O.P. +3.1~3.7m での申請は保安院に認可されたままなのでここで想定外答弁となるのは仕方がない。

2007/不明 東電が 2002年政府報告を検討
2008/3/9 東電 O.P. +15.7m 報告も政府へ正式報告せず
「三陸沖から房総沖にかけての地震活動の長期評価の一部改訂について」
https://www.jishin.go.jp/main/chousa/09mar_sanriku/index.htm

-- 政権交代

2009年〜 津波の報告が消える。また事故までに対策工事の「開始」すら 3.11 まで確認されず。

2010/6/17 福島第一原発2号機で電源喪失・水位低下事故
「緊急冷却装置が稼働寸前に 福島第1原発で自動停止」
http://www.47news.jp/CN/201006/CN2010061701000459.html
> 東京電力福島第1原発2号機(沸騰水型軽水炉、福島県大熊町)が17日、運転中に自動停止、 その際に原子炉の水位が通常より約2メートル低下、
> 緊急炉心冷却装置(ECCS)が稼働する寸前だったことが分かった。放射性物質の漏れなどはなく、周辺に影響はないという。

2010/10/26 3号機のプルサーマル発電、営業運転を開始
http://www.tepco.co.jp/cc/press/10102601-j.html

2010/12/6 2号機において定格熱出力一定運転を開始する
http://www.tepco.co.jp/nu/f1-np/press_f1/2010/htmldata/bi0c02-j.html

2011/3/7 「東電、福島第一で高さ15mの津波予測していた」
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110824-OYT1T00991.htm
> これまで東電は、政府の事故調査・検証委員会に対し、高さ10メートル以上の津波の可能性があるとの試算を説明してきたが、
> 15メートル超の遡上高の試算が明らかになるのは初めて。東電は、結果を、東日本大震災4日前の今年3月7日に経済産業省原子力安全・保安院に対し報告していた。
> 福島第一原発は3月11日の東日本大震災の際、試算結果とほぼ同じ高さ14〜15メートルの津波に襲われた。

--
2006年答弁の根拠を虚偽報告したのは誰?2008年の報告を無視して営業許可を出した政府は誰?

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています