「私が書きました、内容は確かです」と言ってくれる人が総務省に一人もいない
これがコニタンの向き合うべき現実