ビジネス目当てで中国に寄り添うかと思ったら
岸田はようやっとるよ
集金ペーと同じタイミングで両国訪問も
対比をより演出できた意味ですばらしかった
さぁ日本はウクライナと共にいくとこまで戦おう