【社会】大麻所持容疑で19歳大学生逮捕 小樽発フェリーで奇声上げ暴れる★2

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
114名無しさん@1周年2018/02/13(火) 21:58:15.40ID:SHxX9JDh0
>>106のように
大麻合法化論者は、執筆者の論旨を歪曲して大麻は安全(処罰しなくてよい程度に)と言い張りますので、
騙されないように注意しましょう。

同論文より引用。
Furthermore, the current study assessed health outcomes in the mid-30s, which may be too early for decrements in health to
 emerge. In fact, there were few men with current or chronic conditions within the sample, limiting the power to examine some 
of the outcomes that were assessed.

さらに、現在の研究では、30年代半ばの健康成果を評価しましたが、それは健康が低下するには時期尚早かもしれません。
実際、サンプル内に現在または慢性の状態の男性はほとんどなく、
評価された結果のいくつかを調べる権限が制限されていました。

As mentioned previously, significant effects of marijuana may have become apparent if symptom counts were used instead of diagnostic indicators. 

前述のように、診断指標の代わりに症状数を使用すると、マリファナの重大な影響が明らかになった可能性があります。

Another limitation of the current study is that all health outcomes were measured by self-report.
It is possible that some young men had not seen a doctor and thus were unaware of their health problems.
Future research should use physician evaluations and medical testing as part of a more comprehensive assessment of physical health outcomes.
Furthermore, the mental and physical health problems included were not comprehensive 
and some potential negative consequences may have been omitted. 
It is also important to note that the marijuana trajectory groups were delineated based on the frequency
of use and did not take into account quantity, quality, or potency of marijuana.

現在の研究のもう一つの限界は、すべての健康成果が自己報告によって測定されたことである。
若い男性の中には医者に会わなかった人もいて、健康上の問題を知らない人もいました。
今後の研究では、物理的な健康成果のより包括的な評価の一環として、医師の評価と医療検査を使用すべきである。

さらに、含まれる精神的および肉体的健康問題は包括的ではなく、潜在的に否定的な結果が生じる可能性があります。
マリファナの弾道グループは、使用頻度に基づいて描かれており、マリファナの量、質、効力を考慮していないことに注意することも重要です。

This does not discredit the work of others.
この研究は他の諸研究を信用しないわけではありません。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています