【昆虫食続々】EU食品安全機関、昆虫食(チャイロコメノゴミムシダマシ)は安全と判断 加盟国での販売へ 次はコオロギとバッタも… [BFU★]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1BFU ★2021/01/14(木) 20:14:39.74ID:WRkz0O+Z9
https://www.afpbb.com/articles/-/3326301?act=all

欧州連合(EU)の欧州食品安全機関(EFSA)は13日、乾燥ミールワーム(チャイロコメノゴミムシダマシの幼虫)について、人間が消費しても安全との判断を下した。

 イタリアを拠点とするEFSAの決定は、EU加盟27か国における販売に向けた予備段階となる。

フランスの昆虫食企業マイクロニュートリス(Micronutris)が、今回の申請を行った。EFSAが昆虫食製品の申請に対し、リスク評価を完了し判断を下したのは今回が初めて。

 EFSAはミールワームについて、「乾燥したものまたは粉末状で」安全に食べられると評価した。主成分はたんぱく質、脂質、食物繊維だと指摘している。ただ、アレルギーについてはさらなる調査が必要だと警告している。

 EFSAはミールワーム以外に、コオロギやバッタなどの昆虫食の評価も行う予定。

 アフリカ、アジア、中南米で約20億人が、約1000種の昆虫を食べていると推測されている。EU加盟国でも昆虫を食べている国が少数ながら存在するが、飼料としている国が多い。

 昆虫食はたんぱく質の持続的供給源となり、急速に市場が拡大すると期待されている。昆虫食業界は、昆虫を基にした製品は欧州市場で今後数年のうちに急成長し、生産量は2030年までに26万トンに達すると見込んでいる。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています