【ピコーン】方向音痴が知っておくべき生きる道 [かわる★]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1かわる ★2021/09/15(水) 19:24:57.39ID:PDfJ0V3i9
目的のない散歩で アイデアが湧くことも

 本書では、吉玉さんが方向音痴を直すために試行錯誤する様子が記されている。方向音痴のメカニズムを知るために認知科学者の先生に話を聞いたり、さまざまなマップ・ナビアプリを試してみたり、地図や地形のエキスパートと一緒に街歩きをしたりと、あらゆる方面からアプローチしているのだ。

 「いろいろな方法に挑戦するなかで感じたのは、『迷うのも楽しい』ということです。地形に詳しい(東京スリバチ学会会長の)皆川典久さんも、地名に関する著書も多い地図研究家の今尾恵介さんも、おふたりとも取材の際に『迷うことも楽しいですよ』とおっしゃっていて、それから意識が変わりましたね」

 これまで、「迷うことは怖いこと」と感じていた吉玉さん。そんな彼女が「迷うことは楽しいこと」と思えるようになったのは、やはり方向音痴を克服したからなのだろうか。

 「完全に迷わなくなったかというとそんなことはなく、今でも道に迷うことはあります。でも、回数は減ったし、迷っても慌てなくなりましたね。それは、たとえ道が分からなくなっても、リカバリーする手段が分かったから。『迷っても大丈夫だから、あえて知らない道を通ってみよう』と思えるようになったんです。とはいえ、冒険できるのは自宅の近くだけなんですが(笑)」

 近所といっても、意外と歩いたことのない道は多い。初めて見る風景は新しい発見が多く、仕事にもプラスに働いているという。

 「目的なくただ歩いているときに、ふとアイデアが浮かんだり、『あの原稿はもっとこうしたら面白いかも』と思えたりするんです。普段とは違うルートは気分も変わって、リフレッシュもできます」

 コロナ禍の今、家にこもりがちの日々が続いている人も多いだろう。近所にある普段通らない道、入ったことのない路地裏へ足を延ばしてみると、凝り固まった頭と体に刺激を与えられる可能性もあるのだ。

「コツ」さえつかめば 道に迷いにくくなる

 書籍の刊行にあわせて行ったTwitterでの発売記念キャンペーンでは、読者から方向音痴エピソードや、道に迷わないコツを募集。そのなかには、「方向音痴は直らない」という意見も寄せられたそうだ。だが吉玉さんは「工夫でなんとかなることもある」と話す。

 「方向感覚って0か100かだと思っていましたが、そうではありませんでした。運動が苦手な人でも練習を積めば前よりはできるようになるとか、ファッションセンスのない人でもファッション誌を読んで勉強すれば前よりすてきなコーディネートが組めるようになるのと、同じことだと思うんです。方向感覚も、訓練すればちょっとはマシになります。だから『どうせ直らない』と諦めないでほしいと思います」

 スペシャリストになることはできなくても、以前の状態よりも成長することはできる。方向感覚とは、努力した分だけ結果が返ってくる能力なのだ。

 「道に迷いやすくても『迷わないコツ』を意識して歩くだけで、その回数が減らせると思います。たとえば、方向音痴の人って自分の方向感覚に自信がないから、マップアプリのナビ機能に頼りますよね。しかし、アプリは自動で画面が動いたり、GPSの反応が遅れて表示がズレたりなど、混乱を生みやすい。そういう人にお伝えしたい『コツ』は、ナビ機能を使わないことです」

 実際、吉玉さんも最近、ナビ機能は使わず、地図アプリで目的地までの道順を確認するだけにしているという。

 「紙の地図も分かりやすいです。紙は勝手に動くことはありませんし、自分のペースで道をたどっていけますからね。もちろん、スマホでも構いませんので、道に迷いやすい人は、一度ナビ機能を使わずに歩いてみるのがおすすめです」

 本書ではほかにも数々の「迷わないコツ」が紹介されている。方向音痴の自覚がある人はもちろん、自分は迷わないが周囲に方向音痴の知り合いがいるという人にも読んでほしい1冊だ。方向音痴の人々の苦悩を知ることは、それこそ、知らない道を歩くように新鮮かもしれない。
https://news.yahoo.co.jp/articles/abd6184e49abfd52361dad524e6b8ca2d954f639?page=2

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています