【トランスジェンダー】女性トイレですくむ足 性的マイノリティーの苦悩 [ぐれ★]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1ぐれ ★2022/05/15(日) 07:58:02.95ID:uMuX8oaS9
※2022/5/15 07:00

心と体の性の不一致を抱える「トランスジェンダー」。社会の理解は深まりつつあるが、当事者にとって大きな苦悩の一つがトイレ利用だ。周囲は当事者の性別を外見から判断するしかないだけに、トランスジェンダーの男性が、商業施設の女性トイレに入ったことで、建造物侵入容疑で書類送検されたケースも。一方、トランスジェンダーを装って女湯に入るといった悪質な事案も起きており、「心の性で生きたい」という人たちの願いをかなえることは容易ではない。

「些細なしぐさで男だと思われるかも」
バッグに忍ばせた性転換証明書を繰り返し確認しながらも、いざ女性トイレを前にすると足がすくんだ。「男だと思われるのではないか」。こうした不安は最近まで消えなかったという。

東京都内でエンジニアとして働く40代の西内加奈さん(仮名)は5年前、男性から女性への性転換手術を受けた。体は男性、心は女性のトランスジェンダー。高校生だったとき、好きになったのは男性だった。心と体の違和感には気付いていたが、周囲にはひた隠しにして女性と結婚。2人の息子も授かった。

しかし、自身の気持ちを押し殺した結婚生活は長くは続かなかった。30代半ばで転職先の同僚男性に抱いた恋心が、改めてトランスジェンダーであることを自覚させた。これ以上偽ることはできない。離婚し、身も心も女性として生きる道を選んだ。

性転換手術を受け、スカートをはき、短かった髪を肩まで伸ばした。女性ホルモンの投与を始めると胸は膨らみ、体のラインも次第に丸みを帯びていった。心と体の性が近づく満足感が高まるにつれ、周囲の視線も気にならなくなった。

続きは↓
産経ニュース: 女性トイレですくむ足 性的マイノリティーの苦悩.
https://www.sankei.com/article/20220515-6OOVB4JVLBMSXNHSUKZ67W2L4E/

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています