人間失格の斉藤洋介思い出した。合掌