弁護人は「常習性はなかった」などと擁護するのではなくて
本人のために反省を強く促すべきだ