以下に、政府が検討すべき政策例を挙げます。
最低賃金の引き上げ
解雇規制の強化
労働組合の支援
非正規雇用の正規化促進
これらの政策は、労働者の賃金上昇を促進し、経済成長にも貢献すると考えられます。
政府は、企業と労働組合の意見を聞きながら、適切な政策を検討していくことが重要です。