【はれのひ】呉服業界では偉大な存在、「中国共産党ともコネがある」と言っていた『はれのひ』社長。何処へ行ってしまったのか・・・

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1記憶たどり。 ★2018/01/12(金) 09:37:46.20ID:CAP_USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180111-00000051-jnn-soci

成人の日に突然業務を停止した貸衣装会社「はれのひ」についてです。
社長はいまだ姿を見せていませんが、呉服業界では、偉大な存在として知られていました。

「成人式の騒動から3日が経ちますが、『はれのひ』の本社に動きはなく、
今も篠崎社長の姿を確認することはできません」(記者)

3日前の成人の日、突然、業務を停止した横浜市の貸衣装会社「はれのひ」。
篠崎洋一郎社長は、現在も公の場に姿を現していません。

民間の調査会社によりますと、篠崎社長が「はれのひ」を設立したのは2011年。
それ以前から腕利きの経営コンサルタントとして、呉服業界では知られた存在だったといいます。

「指導としては正直優れていて、悪い印象はなかったです。そのとおりやっていったら、
翌年に実績が3倍に跳ね上がった」(篠崎社長にコンサルティングを受けた呉服店従業員)

篠崎社長は、電話での営業活動や写真スタジオの経営などについて、全国各地の呉服店で
コンサルティングを行っていました。知人の呉服店経営者によりますと、篠崎社長は当時、
こう話していたといいます。

「十何億か稼いでいる。自分は中国共産党の関係者ともコネがある」(篠崎社長)

実際、中国にたびたび訪れ、2010年には、天津で開催されたブライダル業界の会合で講演も行っていました。

「(彼とは)友達の紹介で知り合った。商売は繁盛していると聞いた」(上海婚慶行業協会 曹仲華 会長)

コンサルタントとしての実績をもとに、「はれのひ」を立ち上げた篠崎社長。
しかし、2016年9月期の決算で、負債総額はおよそ6億1000万円に上り、債務超過に陥っていたといいます。
被害総額は1億3000万円を超えていて、今後、神奈川県警などが詐欺容疑を視野に捜査を進める方針です。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています