【所得】1位は安倍首相、国民民主・玉木氏は4位の増、立憲・枝野氏は6位の減、7党首比較 [緑の人★]

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1緑の人 ★2020/06/30(火) 20:21:31.54ID:cUBQRfeO9
※夜の政治スレ

30日公開された2019年分の国会議員の所得等報告書で与野党7党首の所得を比較したところ、
自民党総裁の安倍晋三首相が160万円減の3868万円で、2年連続の首位だった。減少分は雑所得が中心。
党総裁選が行われた18年と比べ、テレビ出演などが減った影響とみられる。

立憲民主党の枝野幸男代表は2018万円で6位。雑所得が196万円減だった。
同氏周辺は「18年は結党してすぐで、テレビ出演など注目度が高かった。昨年はそれよりも落ち着いた」と説明した。

 一方、国民民主党の玉木雄一郎代表は69万円増の2143万円で4位に付けた。増加分は全て雑所得で、
「#日本ヤバイ」など2冊の著書を出版したほか、メディア露出も増えたという。

 2位は日本維新の会の片山虎之助共同代表で、不動産収入40万円などを含む2345万円。

公明党の山口那津男代表が2171万円で続いた。

5位は社民党の福島瑞穂党首で2084万円、最も少なかったのは共産党の志位和夫委員長で1998万円だった。

 7党首の平均は2375万円。全議員平均の2427万円を上回ったのは首相だけだった。

各党党首の所得一覧

安倍 晋三 自民 3868(▼160)
片山虎之助 維新 2345(△111)
山口那津男 公明 2171(▼ 52)
玉木雄一郎 国民 2143(△ 69)
福島 瑞穂 社民 2084(△ 60)
枝野 幸男 立憲 2018(▼196)
志位 和夫 共産 1998(▼ 29)

(注)敬称略。単位は万円。カッコ内は前年比。△は増、▼は減。

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています